画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

染色体と皇位継承

再掲載にかまけながらも、気になっていたのが、

皇位継承権の話だった。

女性も、構わないという考えは過去の歴史を考えれば

当然でてくるのであるが、

基本的には、男性継承者に皇位を返す。

と、いうパターンであり、代理というか、中継ぎとしての位置があったと思う。

昔の人は、科学もしらない状態で、きっちりと、科学的論拠にのっとる行為を行っていたと思うが、この皇位・・跡継ぎという考え方にも、しっかり、科学的根拠が在る。

遺伝子レベルの問題になる。

染色体の構造になる。

おしむらく、記憶力減退中の憂生なので、あいまいになっていることは、ご了承ねがいたい。

男の子は、XY染色体

女の子はXX染色体だったと思う。

つまり、

現状、愛子さまであると、真子:真子という染色体になってしまう。

仮にもう一人男子がいるとすると、

皇太子:真子 と、いう染色体になり、皇太子、つまり、天皇家の遺伝子が引き継がれる。

女性天皇を推挙しようという考え方はまちがっていないと思うが、

2670年をつなぐ(継体天皇あたりが、どうなのか、わからないところではあるが)遺伝子を

途絶えさせる方向にいくのなら、問題が在ると思う。

女性蔑視という風に思われるかもしれないが、女性にはY染色体が継承されない。

つまり、愛子さまが、皇位を継承し、その次ももしも女の子であって・・・と、なってくると、

天皇家という名前の真子さま遺伝子保持者・・いわば、真子一家になりかわってしまう。

こういう純粋培養のような、考え方はむごいことかもしれないが、

やはり、Y(だったかな?)染色体を継承していける。

と、いう科学的推挙も考えていかなければならないのではないかと、思う。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2767位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。