画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の顔色

保護猫のゲージ生活も長い。

文句もなく、ゲージのなかで大人しくしている。

ときおり、ゲージをよじのぼり、

憂生は猫をかったのではなく、

猿をかっているのだと考え直させられる。

器用にゲージを登る姿はむしろ、猿というよりも、

スパイダーマンである。

たんび、よじのぼるため、ゲージのぼりのテーマ曲がでてきた。

スパイダーニャン・スパイダーニャン(もちろん、スパイダーマンの曲で)

で、このスパイダーニャンに大きな変化があった。


あれ?


あれ?


あれれれれれれれれ?


灰色っぽい顔が、やけに茶いろくなっている。


ノルが外を自由に闊歩するのを見て、我も茶色くなれば

外にいけるのかもしれんと、変化したのか?


だとしたら、やはり、どじだ。


顔だけ茶色くなるか?


人間なら黄疸かと心配する。


だが、毛が黄疸になり、色がかわるなどありえん。


さては、


猿でもなく、蜘蛛でもなく、カメレオンニャーミーだったのか?


等と、馬鹿をいってる場合ではない。


原因不明の奇病か?


丁度、ノル君の体調不良で、病院にいくことになったので、

獣医にたずねてみた。


「あるんですよ。環境変化などにより、色がかわること、あります。

極端な話、黒猫が白猫になっちゃうなんてことも・・・」


げ?


「元気なんでしょ?」


スパイダーニャンしてます。


「体調が悪いとか、元気が無いとか、うんちがよくないとか、めやにがでてるとか・・」


いたって、快調で、スパイダーニャンのテーマ曲ができたくらいです。




そして、帰ってきて、次の日だったか、

ふと、外につれだせるか、リードをつけてだしてやった。


なんとか、背中からのだっこ?つまむ?で、外まで、つれだし、

へっぴり腰のスパイダーニャンを庭で、ひなたぼっこをさせてやった。


ほんの10~15分だったろうか。


その夜、またも、変化がおきた。


顔色が元の色にちかくなって、茶色がうすくなっている。



????????


紫外線消毒?


毛が茶色くなる病?????には、紫外線消毒が効く?????



まざまざと、獣医の言う、黒が白になる。

ありえるのだと知らされた。


猫をお飼いの皆様。


貴方のところの猫は、あるときは、スパイダーニャンのふりをしているけど、


本当の正体はカメレオンなんですよ。



あああああ、こんなこと、告げたくはなかった・・・・。



関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2306位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。