画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言の葉・・・綾なす。危なすにすべからず。

弘樹が夜遅くまでのんでて、

それでも、今日はかえりたくねえな。

って、いうんだ。

でもな、

ふと、

「いや。もう、やめて。かえれ」

って、言葉が口に出るんだ。

追い出すみたいな言葉だよ。

嫌な感じに聞こえるかもしれない。

そしたら、

弘樹は

「うん。わかった。人の言葉って不思議なんだよな。

パッと、人に言われたときにそのとおりにしていたら、

難を逃れるって事、在るんだって先生に教わったよ」

言われるには言われるだけの機が在る。

実際憂生も、人の言葉じゃ無いけど仕事中に

無性に帰りたくて仕方ない。

って、ことあった。

その思いの言う事聴かずに

結局、事故。

指の先を少し欠損してる。

兆し。

これはいろんな所に仕掛けられてる。

憂生にすれば、事故を起こしてしまった事よりも、

兆しに乗れなかった自分が悔やまれる。

誰かが、何かが、

折角憂生を護ろうとしてくれたのに。

ご免なさい。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4707位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1723位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。