画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金縛りなるものがある。

金縛りなるものがある。

これを霊現象と捉えるか、否かは、

その人の考え方によろう。

憂生は残念ながら、

金縛りにあったことは無い。

だが、それどころではない、もっと不思議な体験をいくつもしている。

今はその体験からの

感慨を書くだけにとどめる。

いかにも、中途半端であるがあしからず。

*結局、憂生が思うに何もかも自分に原因があるということでしかない。

*憂生は彼女にこういった。

「自分がいじめても良いような自分なぞ、皆いじめる」

なぜ自分の価値をしんじない。と。

誰からも否定されると思い込む彼女は拠り所を求める。

この隙にひかかる物(霊)がいても、不思議は無い。

その弱さを正当化させて、気持ちをぐれさす事を正当化する。

そこ(隙)しか逃げ場が無くなる。

渦はいう。

「自分に元がないと考えられる人間は幸せかもしれない」

***目の前に起きる事象は全て己にもとがある***


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2039位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。