画像1 画像2 画像3 画像4

鬼・・3

普通、神秘を云うな。

って、いうのですが、あえて、憂生はここを破ってはなしております。

ひとつには、自分でも、わからないことはおおすぎるということ。

誰かにきいても、わからない。

自分でかんがえてみるしかない。

で、物書きの性分でしょうか、

書いていると、自分で気がつくということ。

で、あくまでも、こんな不思議な事があったんだぞという

あほげた自慢?話ではなく、

なにかを見定めるためというか、

書いていると、ふと、わいてくる。

と、いうのが、あって、

ちょっと、種類は違うけど

天啓者みたいな部分をもっているようで、

これが、自分だけでかんがえていると、

「なにか」がはいってきてしまうというか、

書いて閃く?みたいなのも、

あるいは、なにかがはいってくるというところでしょうが、

考えていると、「ささやきっぽい思念」がはいってきてしまう。

かきつけるときもあるんだけど、

あるいは、それごと、書きとめられる。

で、先のウィキから、とってきたものを貼り付けます。

鬼というのは地下の大地を守る神であり、また神は天上の霊魂を支配するという分業が神界にできており、それを日本人が大地の神を大国主命とし、そして天上の大王の神を太陽・天照大神にしたが為に、そこから民衆の世界に近いものとして大国主命がいろいろな形象であらわれる。

なんで、こんなことをはりつけたかというと、

どう思いますかみたいに聞いた人なら、ぴんとくると思うんだけど・・。

ちょっと、不思議な事件があったわけです。

憂生が転寝をしていたら・・

大きな声で

「大国主命!!」

と、呼ばれ、目をさましたことがあるのです。

で、憂生自体の系図に物部氏があるようで、

(で、白蛇か?ともおもうわけですが・・)

物部氏の祭神はニギハヤヒなわけです。

だから、その血筋にしろ、大物主だとしたにしろ、

「大国主命!!」

と、よばれるのは、おかしいわけで、

ニギハヤヒ(白蛇)と呼ばれるならまだ、判るわけです。

で、名前を呼び間違えたのか?

それとも、隔世に迷い込んだ憂生の手をひっぱった、大国主命をとめたか?

死にかけてるのか?とも思ったわけです。

すると、次の日、なぜか、また、転寝をしてしまい・・。

今度は死んだ叔父がでてきて、

憂生のことを叔父の子供の名前で呼ぶ・・。

で、これを平行移動して、考えると

前日に憂生を呼んだのは大国主命の父親的存在スサノオか?

デ、間違えた相手を考えれば、従兄弟?とまちがえたのだから、

やはり、大国主命の従兄弟????

ニギハヤヒか?

いずれにしろ、なぜ、そう呼ばれたのか

わからないまま、

隔世に迷い込んだ?

と、考えたりしていたわけだけど、

鬼というのは地下の大地を守る神であり、また神は天上の霊魂を支配するという分業が神界にできており、それを日本人が大地の神を大国主命とし、そして天上の大王の神を太陽・天照大神にしたが為に、そこから民衆の世界に近いものとして大国主命がいろいろな形象であらわれる。

で、あるのなら、鬼が大国主命である可能性があり・・。

どういうのかな・・。

迷い込んだ形というか、

それが、例えば神道家がみたような世界での形。

で、まあ、じっさい隔世だったのかもしれない。

だから、鬼をみて、大国主命と呼んで

現実にひきもどしたか?

そして、次の日が

霊界?での次元。だから、死んだ叔父が従兄弟とまちがえて、

こんなとこにきちゃいけないと現実で名前をよんだ。

と、まあ、こう言う風に考えた時

鬼というのは、やはり、なんだったんだろう。

と、おもうわけで・・。

鬼神とは人々の災厄を除く鬼で、追儺(ついな)の鬼

と、いう言葉を読むと、

雛という災厄除けの行事をおもうわけです。

非儺(ひな)祀り・・。

あるいは、本当に憂生はあぶないところで、

鬼が人形みたいになって、除けてくれたかな?

ってなことをおもったりして、

「おに」の語はおぬ(隠)が転じたもので、元来は姿の見えないもの、この世ならざるものであることを意味した。

と、いうとおり、そういう世界での追儺(ついな)の鬼であると

うけとるべきか?

怒りなどの具象化ととるべきか?

怒りとかととる見方もあるんだけど、

上のことを考えると、違うような気もする。

単純に、魂・・・

鬼が云う・・か?

憂生への思いを中継する存在として鬼がいるということだろうか?

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7756位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2500位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク