画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白蛇神

昨日、憂生の中にいるといわれる

「白蛇」ってなんじゃい?

って、またも、ひっかかってしまい・・。

ただの蛇か?

わけねえよな・・。

ただの蛇ならそこいらにおろう?

人の中に入るという事自体が「神?」とか、

そういう系統か?

あるいは、「なんらかの思いの具象化」か?

恨みとか?

とは、いうものの、憂生の頭の中にイメージがわきあがる。

白い玉を護るかのように、とぐろをまく白い蛇・・・。

う~~ん。

こういうイメージがわくということは、

やはり、悪い物ではなさそうだ・・・。

と、いうことで、またも、ネット検索。

白蛇を使いとしている神があるわけで・・。

これが、諏訪神社・・・・

おっとお?

憂生は沼名宣波姫のことをしらべたときに

諏訪神社の神主さんとコンタクトを取っている。

このことについては、また、あとで、かんがえるとして・・・。

さらに調べていくと

なんじゃ?

「白峰神社の龍蛇神が降臨してきた・・云々」

なんか、霊界の大掃除をしているとのことだったが・・。

このことについては、別に嘘ではないと思うし、

霊界の大掃除もしているのだと思う。

だが、ふたつのことを思う。

ひとつは、霊界の大掃除は、はっきりいって、

憂生のスパムコメンター退治といっしょ。

スパムコメンターを生み出す元であるアダルトサイト自体を

規制していかなきゃ、きりがない。

どこかにも書いたけど、悪霊をうみだすのは、

結局は「生きているときの人間の思い」

そして、人間の思いほど、しにくい物は無い。

これを考えると、どうも、段階が違うのではないかと思ってしまう。

そして、もうひとつ。

上に書いたことだけど・・。

じゃあ、憂生の中に居るといわれた「白蛇」はどうなる?

神界のことはわからん。

その人の「白蛇」と憂生の中の「白蛇」は

違うものだろう。

霊界のことについての考え方から違うから。

そして、ある意味、その人の外側にいるということ

自体が、

どういうのかな、

その人の場合は白蛇に使われている。

と、いう感じにおもえてしかたがないわけ。

で、憂生のいうところの

神を人間の位置にひきずりおろすな(逆を言えば。人間を神の位置にさげるな)

ってのが、この状態じゃないかとおもうわけで・・。

で、実際、本当の神なら(あるいは、次元の高い神)

上にかいたようなおかしなことをやらせないわけ。

神自体がさっさと、霊界の掃除でもなんでも

すませてしまう?

と、なると、この白蛇神がやってることは、

その人自体に、修行?させているか

あるいは、

霊界を相手にしているレベルの使い方しかできないというか、

その人の霊性がそこまでのものでしかないということで・・。

その状態に気がつかず

霊界・・霊を浄化しました・・。

なんてことをいってるけど、

憂生はこの人、大丈夫かい?っておもうわけだ。

どっかで、書いたけど、自分が本物になっていったら、

勝手に辺りが浄化される。

そこまでを考えたら、

自分の身をいためて、霊界の掃除役に使われてどうするんな?

って、おもってしまうし、

そこまでの役しかない人なのかなあ?

とも思うわけだ。

どうも、自分のお役目をすごいことだとおもっているのと、

白蛇神をすごいものだとおもってしまって、

結局、自分で自分を神のつかいっぱしりにさせている。

どうも、憂生にはそういう風にみえて、

陰陽師じゃないけど、

白蛇神を式神につかうくらいなら、まだ、わかるわけ。

もっと、いえば、そんな陰陽道やそんなものを習得しなくても、

神が自分の思いにうなづいて、協力してくる。

くらいになれともおもうわけだ。

それをどうも、最近は自分にひきずりおとしてしまうとか、

こういう、おかげ信仰チックなことをやる人が多く、

憂生はやっぱり、それは、危険だとおもってしまうわけだ。

自分の因縁や業や思いが澄んでしまえば

自然と普通の状態で誰かをみたら、

その人に必要な言葉をかけられるようになる。

言い方がおかしいけど、

自分自身が「神さま」みたいなものになってしまえるわけ。

それを、憑かれたり、

コンタクトとったり

使われたり、使ったりしている状態ってのは、

本物じゃないわけで、

自分の中から引き出せるようになっていく。

と、いうのが、本来じゃないか?

って、おもうわけで、

だから、憂生は自分の中に白蛇がいるといわれたって、

それが、どうしたん?だし

護りにはいってるなり、協力するなら

それはそれで、まあ、良かろうだし

第一、去れといっても

ここにいると、がんばってとぐろをまいてるので、

しかたがない。

いずれ、正体がわかってくるとおもうし、

不必要な存在なら、いずれ、離されるだろう。

憂生にはそこまでは、判らん。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2908位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。