画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日御碕神社 2 千木

下の本社(日沈の宮・日沉の宮、ひしずみのみや)村上天皇天暦2年勅命により祀り、上の本社(神の宮)安寧天皇13年勅命により祀られ、総称して日御碕大神宮とされた。出雲國神仏霊場20番。

「日沈の宮」の名前の由来は、創建の由緒が、伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守れ」 との「勅命」を受けた神社、である事による。

出雲大社の「祖神(おやがみ)さま」として崇敬を集める

上ノ本社「神の宮」祭神は素盞嗚尊とその娘達である三女神。
下ノ本社「日沈宮」祭神は天照大神とその息子達である五神。
素盞嗚尊が天照大神を見下ろしている構図になっている。

「神の宮」の鎮座について、
素盞嗚尊が「吾が神魂はこの葉の止まる所に住まん」と、
柏の葉を投げ、占ったところ、当社背後の丘に止まったという。

「日沈宮」の鎮座について、
日沈宮はもと文(経)島に鎮座した。
天葺根命が文島にいた時、天照大神が降臨し、
「我天下の蒼生(国民)を恵まむ、汝速かに我を祀れ」
との神勅によって奉斎したのが始まりという。

先のスレッド画像を拡大していただくと、わかりやすいのですが、

この日御碕神社では、

スサノオが水平の千木。

アマテラスの方が垂直の千木です。

さて、これで、ひとつ、伊勢神宮の千木のわけがわかったような。

すこし、あとで、考察?(ふてぶてしいな・・・「ぶつぶつ・・・」)を書きます。

 

 

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3773位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1388位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。