画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古史古伝

古史古伝は、学界において

  • 写本自体が私有され非公開である、などの理由で史料批判がなされる予定がなく、史料として使えないものも多い
  • 超古代文明について言及されている
  • 漢字伝来以前に日本にあったと言われている神代文字で綴られている
  • 近代以降の用語が使用されている

等々の理由で古代からの伝来である可能性は極めて低く、古代史研究における歴史学的な価値は非常に低いと考えられている。しかし、古史古伝は種類が多く、それらの諸点についての度合いは各書ごとに様々である。

現在では、近代における日本人の国家観・民族観への受容等のあらわれとして、写本作成を行う者の思想に対する研究が始まったところである。

一部のヲシテ研究者は、「古史古伝」として一括され、その一部とされているヲシテ文献ヲシテで記述されているホツマツタヱミカサフミフトマニ等)については、偽書である「古史古伝」ではなく、真書であると主張している。(詳しくは、ホツマツタヱヲシテを参照のこと)

名称由来

第2次世界大戦前には「神代史」「太古史」など言われ、戦後(1970年代頃まで)には吾郷清彦が「超古代文書」と呼んでいた。また同じ頃、武田崇元(武内裕)は「偽書」「偽史」「偽典」などといっていたが、「偽書」「偽典」は用語として別に確立したものがあり紛らわしいので、やがて「偽史」という言い方に統一されていった。

「古史古伝」という言い方は、吾郷清彦が著書『古事記以前の書』(大陸書房、1972年)で最初に提唱したもので、この段階では「古典四書」「古伝三書」「古史三書」とされていたが、著書『日本超古代秘史資料』(新人物往来社、1976年)では、「古典四書」「古伝四書」「古史四書」「異録四書」に発展した。 初期の頃の吾郷清彦は「超古代文書」という言い方を好み、「古史古伝」とは言わなかった。あくまで分類上の用語として「古伝四書」とか「古史四書」といっていたにすぎない。1980年代以降、佐治芳彦がこれをくっつけて「古史古伝」と言い出したのが始まりである。

下記の分類は前述の『日本超古代秘史資料』を基本としているが、その後、他の文献写本が発見されるに従って吾郷清彦自身によって徐々に改訂が繰り返され増殖していった。その分として若干の補足を加えてある。

吾郷清彦による分類

古典四書

この「古典四書」(または古典三書)という分類は、異端としての超古代文書に対して正統な神典としての比較対象のための便宜的な分類であり、「古典四書」はいわゆる超古代文書(古史古伝)ではなく、通常の「神典」から代表的・基本的な四書を出したもので、実質は「神典」の言い替えにすぎない。(神典の範囲をどう定めるかは古来諸説があるが『万葉集』『古風土記』『新撰姓氏録』などを含むことが多い)。

しかし『先代旧事本紀』については若干の説明が必要である。『先代旧事本紀』は江戸時代以来、偽書であるとの評価が一般的であり、当然、吾郷清彦も最初からそれを認識していた。しかしまた同時に、通説と同様に、その価値を全面否定はせず、記紀に次ぐ重要な「神典」とみなされてきた事実には変わりない、と(記紀ほどではないが)評価もしていたのである。この本来の旧事紀(十巻本)とは別に異本(『先代旧事本紀大成経』(72巻本)・『白河本旧事紀』(30巻本)・『大成経鷦鷯伝』(31巻本))もあり、こちらは論者によっては古史古伝の一種とされることもありがちなのであるが、超古代文書(=古史古伝)は「偽書」の一種ではあっても、「偽書」のすべてが古史古伝かというとそれも疑問であり、吾郷清彦はその著作の中で『旧事紀』の異本を紹介しながらもこれらを古史古伝とはしていないのである。

同様に『天書』(「天書紀」ともいう)・『日本国総風土記』・『前々太平記』の三書を異端古代史書として加える説もあるが、このうち『天書』は古史古伝の類とはいえず、他の二書も超古代文書というほどの内容をもっているわけではない。これらは古典四書の周辺的な類書であり古史古伝に準ずる異端古代史書とはいえても、超古代文書だとか古史古伝そのものに入れるのは相当な無理がある。 (また『新撰姓氏録』を超古代史書として解釈する説もあるが、これは解釈が超古代史なのであって本文そのものが超古代史なわけではない)

古伝四書

「カタカムナ」を除いて「古伝三書」ともいう。

この「古伝四書」は全文が神代文字で書かれているという外見上の体裁による分類であって、内容に基づく分類ではない。

また、『フトマニ』という書がある。この『フトマニ』は普通名詞の太占(ふとまに)と紛らわしいので吾郷清彦は『カンヲシデモトウラツタヱ』(神璽基兆伝)と名付けた。また、カタカムナに関係する『神名比備軌』(かむなひびき)や『間之統示』(まのすべし)という漢字文献も「カタカムナ系の文献」として一括できるが、これらカタカムナを含むカタカムナ系の諸文献は「歴史書」ではない。「超古代文書=古史古伝」は、このように歴史書以外をも含む幅広い概念である。

なお、『フトマニ』『ホツマツタヱ』『ミカサフミ』の三書は世界観を同じくする同一体系内の一連の書であり「ホツマ系文書」ということができる。一部の研究者からは「ヲシテ文献」と一括してよばれ、「古史古伝」の一部ではなく、真書であると主張されている。(詳しくは、ホツマツタヱヲシテの項目を参照のこと) 

古史四書

  • 九鬼神伝精史』(いわゆる「九鬼文書』。『天津鞴韜秘文』(あまつたたらのひふみ)は九鬼文書群の一部である)
  • 竹内太古史』(いわゆる「竹内文献」。「天津教文書」「磯原文書」ともいう)
  • 富士高天原朝史』(いわゆる「富士谷文書」(ふじやもんじょ)。「宮下文書」「富士宮下古文献」ともいう)
  • 物部秘史』(いわゆる「物部文書」)

『物部秘史』を除いて「古史三書」ともいう。

「古史四書」は神代文字をも伝えてはいるものの、本文は漢字のみまたは漢字仮名まじり文で書かれたもの。やはり内容による分類ではない。上記の四つのタイトル(九鬼神伝精史・竹内太古史・富士高天原朝史・物部秘史)は、吾郷清彦が独自に名付けたものである。

異録四書

  • 和田家文書』(わだけもんじょ。一般には「東日流三郡誌」ともいわれるが、正確ではない。後述)
  • 但馬故事記』(たじまこじき。「但馬国司文書」とも。但馬故事記は本来は但馬国司文書の中の代表的な書物の名)
  • 忍日伝天孫記』(おしひのつたえてんそんき)
  • 神道原典』(しんとうげんてん)

『神道原典』を除いて「異録三書」ともいう。

このうち、『忍日伝天孫記』と『神道原典』は古文書・古文献ではなく、前者は自動書記、後者は霊界往来による霊感の書である。このように吾郷清彦の「古史古伝」(超古代文書)という概念は「古代から伝わった書物」という意味だけでなく、「自動書記などの霊感によって超古代の情報をもたらす現代の書」まで含む幅広い概念である。

和田家文書

吾郷清彦による分類の発展

東亜四書

吾郷は「新しき世界へ」誌(日本CI協会刊)に寄稿した際「東亜四書」という項目を追加している。

構想段階では『香山宝巻』『宝巻変文類』がなく『竹書紀年』『穆天子伝』だったが、この両書を古史古伝だというのは無理があり、後の著作では『竹書紀年』『穆天子伝』をはずし『香山宝巻』『宝巻変文類』を入れた形で発表されている。しかし『香山宝巻』『宝巻変文類』は世間的には有名ではなかったが専門家の世界ではもとから知られたものであり、超古代史文書に入れるのは異論もある。ほかに東アジアに関連するものとして『山海経』『封神演義』をあげる論者もいるが、『山海経』は古来有名な古典であり、一方『封神演義』は小説であり、いくら内容が面白いからといってもこの両書を古史古伝というのは無理がある。それよりも『契丹古伝』や『桓檀古記』とならぶべき超古代文書といえば『南淵書』があげられる。また『桓檀古記』は『癸園史話』や『檀奇古史』などの同系の書物とともに「檀君系文献群」として一括してよぶことができる。

欧米の古史古伝

ウラ・リンダの書』(『ウラ・リンダ年代記』ともいう)

『OAHSPE』『モルモン経』『アカーシャ年代記』は古代から伝来した書物ではなく神の啓示とか、霊感自動書記などになるものだが、それは古史古伝の定義上問題ないことは上述の通り。他に『ネクロノミコン』『トートの書』がある。この両書は架空の書物だが、実在と信じる人もいるのでその場合は超古代文書の一種となる。

その他

阿蘇幣立神社文書』(『高天原動乱の秘録』ともいう)

『美杜神字録』は神代文字で書かれており定義からいえば「古伝四書」の方に入れてもよさそうではあるが、吾郷はその件については特にふれていない。『美杜神字録』のように地方色豊かなものとしては他にも『甲斐古蹟考』があり、原田実はさらに『真清探當證』(ますみたんとうしょう)・『伊未自由来記』(いみじ・ゆらいき)・『肯搆泉達録』(かんかんせんだつろく)の三書をあげている。

「春日文書」は言霊(ことだま)関係の文献であり歴史書ではないが、古史古伝には歴史書以外も含みうるのは、上述のカタカムナの場合と同じである。

これらの他にも「大伴文書」「安倍文書」「斎部文書」「清原文書」「久米文書」などがあるともいわれるが、この五書は噂の域をでず詳細不明であり、実在しない可能性が高い。

一覧

本項ででてきた書物のタイトル一覧(古史古伝以外のものも含む)。五十音順。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3615位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。