画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価値転換

自分の思いで、よびよせてしまう。

って、いうのが、多くあり、

例えば、宗教を信仰する人。

なにかしら、自分が人の役にたちたいとおもうと、

先祖や守護霊や神が加勢してくる人。

もとの思いは良いと想うのですが・・。

なにかしら、その人のレベル・・

う~~ん、そういう言い方であってるかなあ?

その次元でのものが集ってくる。

で、時にすごい力をだすわけで・・。

いまだに、憂生は自分が天気をかえてしまったときに

語りかけてきた?(想わされた?)ものの正体がつかめていないわけです。

自分の魂からなのか?

いわゆる守護霊的ものなのか?

で、憂生はこれに対してうなづかなかったということを

書いたと思います。

奢った言い方をしますと、

天気をかえた「なにか」がすごいのでなく

「なにか」の気持ち?を動かした憂生が尊い。

尊いから、何かが、うごいて、天気を変えてまで「いきろ」としめしたわけで、

示して申したところをみると「神」でしょう。

で、こういう風な事がおきて、例えば、それが、

なんでもいいや・・。

「虚空菩薩」だと名をあかしたとします。

すると、多くのひとは、「虚空菩薩」のほうを信仰してしまうわけです。

これ、おかしいでしょう?

虚空菩薩まで動かして「生きろ」といわさせた憂生の中のもの。

あるいは、憂生自体が尊いんじゃないかい?

釈迦がいった天上天下唯我独尊の意味はここにあるわけです。

たまたま、憂生が不思議な体験をしたから、

そこを実感したけど、

これは、みんな同じ。

本当にありがたいのは「自分」

そこをどういうわけか、

キリストを信仰したり、神仏をおがんだり。

憂生はそんなものを拝む暇があったら

自分に「ありがとう」と言えと想うわけです。

どうもそこらへんがわからずに

霊や神仏に加勢されたとそちらをありがたがる。

加勢される自分をありがたいと想う。

ここらへんの順序がいまいち、ずれていて、

どういうんでしょうね、

はてには、方角が悪いの、日が悪いの。

そんなものはありません。

自分が尊くなったら

例えば悪いといわれる方向を良いものにかえてしまえる。

浄化っていうんでしょうかね。

その人がたちよったところが、綺麗になっちゃう。

これが、本当。

で、自殺したがるひとにはね、綺麗な魂の人が居る。

そんな人がたとえば、きれいなところにすいよせられて、

そこで自殺しちゃう。

こんなことがある。

だから、ふつうのかんがえでみると

そっちが悪い方向ってかんがえかえ方もする。

これを自分に当てはめる。

吸い寄せられるレベルだから、そっちが悪い方向になっちゃうということ。

だったら、自分が浄化するくらいの自分になればいいでしょ?

って、想うわけだ。

まあ、憂生は単純な発想をこねくりまわすだけで、

実に一辺等な人間なんだけど、

こんなことを考えるのも

実は日常から。

こんな服どうだろう?

おかしいかな?

いや、おかしいとしたって、

それを自分がはやらせてしまうくらいになりゃいいじゃんか。

それが、今までのファッションの形態じゃないか?

相手?がおかしいんじゃなくて、

憂生が主流になればいい。

こういう考え方が上のことにもつながるわけ。

方向や日が悪いんじゃない。

それを良いものに変えられない自分が悪い。(御幣のアル言い方)


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2860位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。