画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、こいつかよ・・

たまに訪問してくれるので、たまにでかけるが、そのたびに憤慨してかえってくることになる。

本人は「純粋な理知をブログに注ぐ。」と、副題にかかげていらっしゃるんだけど・・・。

今回も、理知にかけるというか、

読み手がどういう風にうけとめるかを把握できない安易なタイトルがついている。

せめても、中味で、そこをカバーできるかと、伺ってみたが

「無い」

わかってらっしゃらないんだろうなと思うが、

判ってない人間のところにはヤッパリわかってない人間が集まるから

本人は、「それで良い」と思ってしまうという危険性がある。

デ、問題の記事タイトル。

トルネードの威力、その痕跡・・・原発事故がないのでせめて・・・

判る人は、もう、そのタイトルの一言に含まれる「面白半分・野次馬根性」に気がつくだろう。

原発事故がないので、面白くないから、トルネード被害を掲げたよ。

こういう裏心理ととられても仕方が無い表現をするという人間が「理知的」だと自分を思っているのだろうかと考えると、忠告しても無理だろうと思う。

理知的というのは、物事が判る「お勉強・情報量」をいうんじゃない。

読んだ人に「為になるな」という思いをもたせることができることをいう。

その表題を被災地の人間が読んだら、どう思うだろう。

『原発事故が無いからせめて?せめて・・だと~~~~~』

そういう風に読み取られてしまうという事さえ気がつけ無い人間が

記事をあげ、称していわく、理知的であるとし、

真実に気がつかない読者のみが集まる。

そこにコメントをよこしている人間も同狢となってしまうんだけど、

それとも、

純粋に面白半分で原発事故を眺めてるだけか?

そこを判って、やってるのなら結構だろう。

だけど、憂生はそんな、配慮のない人間に此処に来て欲しくない。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2484位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。