画像1 画像2 画像3 画像4

ひさかたぶりに、書く気になってるんだ。

語彙もすくないし、こった表現もできないし、

何より、ストーリー 自体がちゃちなきがして、

いまいっぽ、書く気になれなかったんだけど。

まあ、いいや。

ドンだけ頑張っても?この程度。

いいじゃん。

たのしんで、かいちゃおう。

そうおもったら、きらくになってしまってね。

たいそうなものをかくような、

期待感をもたせてたら、ごめんにょ。

今回、「蛙」の続編にあたるものを

かこうとしてるんだけど、

じつは、

「蛙」のような文体/スタイル /は、

憂生はひとつの模索だったんだよ。

どこか、感覚的で、

アンニュイ。

こういう、スタイルは、本来苦手で、

どちらかというと、小理屈を並べ立てる

論法じみた構成が多いんだ。

このラフなパターン がSo2シリーズだけど、

性を主点にせりふの中に「訓話」を/たいそうに/

もりこんでるという点では、手法は同じ。

なんにせよ、日常の心理の中の

些細な「はっ」をえがきだせたらよいとおもったりしてるんだけど。

どうなることやら・・・・。

>  あの。。ウィッチって学生してた頃は国語が得意だったのかしらん

>  あと、書く人って、すごく本を読んでるでしょう?

ウィッチも乱読?のごとく、なんでも読んでいたのかな

*****

あたたた。

本?

偏ってよんでましたけど、

最近は/最近といっても、もう随分長いですが/ぜんぜん読んでないです。

陰陽師 については、とくに、

他からの影響?を受けるのが嫌で、

いっさい、よんでません。

ちょっとした、逸話と密教/真言とかをしらべるために。/

の解説書をよんだくらいで、

あとは、憂生の好き勝手な設定ですので、

陰陽師が、こんなものだなんて、誤解しないでください。

自分で設定しながら、陰陽師ってこんなことするのかな?

と、非常に疑問なんです。

もちろん、時代考証もありませんし

長浜の地形なぞ、嘘もいいところです。

ですので、主人公達の思い、かんがえ方をみてください。

よろしく!!

期待に応えられるほどのたいそうな作品じゃないすけど、

自分でも楽しみながら書いてます。

書くことにむきあうと、自然に言葉がわいてきます。

あとで、どうかいたっけって、反復しても、

二度とあのイマジネーション は沸きあがってきません。

自分のこのイマージネーションを捕獲する。

ある種。

虫取りに似た、楽しい作業です。

うん。

久しぶりに補虫網をもった、

腕白小僧気分で~~す。

                    憂生

白蛇抄の未完成作品も、

声をかけてくださる人がいて、

こちらも、早く、仕上げたいと、想ってます。

懸案の

「パンパンとチョコレート

も、だしたいし、

ポーの続編も、

思いが欲になってくる割に、

今は手が追いつきません。

so2もまだまだ、下書き持ってたんですよ。

なかなか、のめりこめなくなってしまってね。

かくきもちから自分をほしてました。

また、書いて行きます。



関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1806位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク