画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才能・・・って言葉をうかべていたのは、

才能・・・って言葉をうかべていたのは、
女子
フィギュア スケートを見ていた時だった。

才能という事だけをいうと、
例えば、日本中の女性がフィギュアを
やったら・・・。
中には、
例えば・・あるいは、物凄い天才だっているかもしれない。

世の中にはフィギュアなんか、したことが無くて、スケートなんか滑れないし、滑ろうとも思わないけど、物凄い才能を秘めている人がいるのかもしれない。

だけど、そんな人たちが
フィギュア界の重鎮に目を留めてもらうこともない。

才能の発掘というのは、
実は限られた狭い範囲でしかなく、
簡単に言えば、
やはり、好きこそ物の上手なれ・・・がこうじて、重鎮の目に留まる事になる。

トキに才能とは
一歩前に踏み出すか、
踏み出さないかの
違いでしかない気もする。

だが、実際問題。

持って生まれた資質というものは、
どこかで、発掘され
いつか、磨かれるものだと思う。

つまり・・・。
一歩ふみだしたつもりの憂生が
発掘されずにいるのも、
磨かれ?もしないのは、
持って生まれた資質が凡人の域でしかないという証明になる。

やんぬるかな。

己を知る証明書を自分につきつけて、
才能のあるなしを測ってみても、
仕方が無い。

ただ、あちこち、かじり癖がある。
カメラ のほうも、
軽い才能はあるんだろう。
初めて出した作品が
佳作にはいった。

だけど、
カメラアイから退いて、文字を書き始めて、
それでも、やっぱし、軽い。

何を持ってして、才能という評価をうけてみたか、
今になってみれば、よく判らないが、
ただ、ただ、まずは、自分が楽しむ。

そして・・・、
其れは、多分、書き続けていれば
「好きこそものの上手そう・・に見える」くらいの域には、たどり着けるだろう。

誠に才能のある人間はその第一走・・その一足から・・違う。

歴然と見せ付けられることごとくに、
確かに、開き直れるしたたかな自分が作られる。

いわく
「読みたい奴は勝手に読め・・」

物語は才能じゃない。
完結しているか、どうかだ!!

だから、完結させるほうが問題であって、
自分の位置をきめるのは、
人に任せるしかない。

評価はむこうにまかせ・・、
才能の天秤は嗜好の支点でしかないと、わりきり・・・・

『おい!!

ぐうたら、のべてないで、
続きを早くかきあげろ!!』

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2590位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。