画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粋な言葉・・・

ついでに。

某出版社から作品の書評と出版推奨を貰ったときに二つの漢字が判らなかった。

一つ目は概・・。
概、出揃う。と、ある。
天気概況の「がい」であるが、
一言の言葉がわからず、辞書をひいた。

結果。「おおむね」

言われてみればなるほどと判る漢字である。

もう一つは
上梓。貴方の作品を上梓されたし・・。
と、あるのだから、
出版、発行のことと、わかるのだが、
何故、上梓なのかわからない。

梓2号に~~~。なんて、歌があったが・・。
これとは、何の関連もなかろう。

結果、辞書でひいた。

梓の木の皮に文章を書く。
記録を旨としたもので、
人に読んでもらうための
的確な手段であったようである。

こういうところから
多くの人に読んでもらうという
出版・発行と同意語であるが、
もう少しおもいいれ?
その文章は価値あるものだからこそ、
梓の木の皮に書き記すと言う
感情が込められている。

しゃれた表現を一つ知ったものである。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2039位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。