FC2ブログ
画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んでもらいたい。ただ、それだけ・・・。

まあ、公募投稿や審査をしてもらって、
最終的には
どの作品も出版しないかと
お誘いはいただいた。

だが、入賞しない。
あるいは、出版社側が
出版費用を全部、請け負ってまでの
出版推奨ではない。

それでも、いくつもの作品投稿で、複数の担当者の度重なるお誘いもあった。

壬生浪ふたり・・・の審査はのちに、
企画部・部長のほうから、
良書をねむらせるのはおしいので、
特別推奨作品に推したいと、
連絡が入った。

それでも、憂生は出版していない。

それから、投稿も審査を受けるのもやめた。

出版したとて、
読まれるか、どうか。
全国の本屋の店先につまれただけでおわることもありえる。

そして、なによりも、
自分の文才がぜがひでも、出版したいと
いわれるものでないことに、
たちもどったといっていい。

書くこととは、なんぞや?
と、思い悩んだ。
そして、自分の文才を修練させず
金の力で出版してみたとて、
絵に描いた餅でしかないと思った。

だが、それなりに思い入れのある作品は
未熟であろうとも、
読んでもらいたいと思う自分がいた。

そのときにネットに作品をアップすることをかんがえついた。

金をだしてまで、読んでみたいと思ってもらえる作品でないという証は

さきに書いた入賞やぜひとも出版でないことでも、重に承知している。

それとともに、出版社からひとつの問い合わせがあった。
「あなたは、作家になりたいのか?」
書くことは好きだし、
書いたものは読んでもらいたい。

その手段として
出版をかんがえてみたのだが、
作家になるほどの文才はない。

また、作家になることが目的でもない。

白蛇抄を本にしたい。
これが、本音だったろう。

なぜ、本にしたいか。

読んでくれる人とめぐりあう機会をふやす。

こうなる。

と、なると、ネットでもその目的は十分に果たせる。

そして、この間
まひるちゃんが、
ただでよんじゃっていいのだろうか?
って、ありがたい言葉をくれた。

金を出してまでは、よみたくはない。
と、おもわれることと、
よんでみて、金も出さずに読ませてもらったとおもってもらえることには、雲泥の差がある。

ただ、ただ、
読んでもらいたい。

それは、本当はとても、簡単なことだ。

読みたくなるものを書けばいい。

読みたくなるものを、
文章の中にこめてゆく。

それが書くということであろう。

が・・・。
読みたくなるもの。
これこそが、修練であり、文才であり、
書き手の視線だろう?

己という人間の眼光を鋭くするということしかないのであれば、
文才だけでない。
人生。人間。そのものを修練してゆくしかない気がする。

文章にこめられるだけのうがち/人生観?をもつ。

これが無いばかりに、
何年も前に一度は断筆した人間である。

今はただ、ひらきなおって、
沸いてくるものを文字に変える。

そして、
やっぱり、沸いてきたものを
読んでもらいたいと思う。

この思いだけは、
作家といえるかもしれない。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4912位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1978位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。