画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫に学ぶ

必要であるか、必要でないか。

これを元にしてかんがえないと自分が歪む。

と、いうことを書いた事がある。

今朝、猫を見ていて、そのことを思い出していた。

猫めは、車の屋根に上ってあたりをみまわしていたが、

「構え」の体制になるとまもなしに姿が消えた。

隣の畑?になにかをみつけたのだろうが、

それにつけても、小さな頃ほどじゃれなくなった。

そう想ったときだった。

必要がなくなったんだな。という思いがわいてくる。

狩りの練習もかねて小さな頃はよくじゃれる。

じゃれるということが、必要だったんだ。

大きくなったら、本場の狩りにはいる。

本当のものでないものに突進していく必要もない。

じゃれて、練習する段階も終わっている。

大きくなるほど、本当の狩りじゃないものに無関心になってくる。

いくら、遊ばそうと想っても、ほとんど、じゃれてこなくなる。

「これかな?」

と、想う。

必要ないことに「おどらなくなる」

本物じゃないものを「見分ける」

大人になっていくというのは・・・・。

本物かどうかを見分ける精度がたかくなり

必要じゃないものはより分ける。

今回、さりげなく忠告をあたえた時点、おねいさんに対して

だしていた言葉もこれだった。

貴女にとって、必要であるかどうかで判断しろ。

と、言う意味合いだ。

憂生がどうする、こうする。

これに対しての批判を憂生にぶつけてくる。

それが、彼女にとって必要かどうかということだな。

本人にすれば、「おしえてあげるのよ」という気持ちがあるのかもしれない。

だが、やはり、それが、彼女にとって必要かどうかというところを

基点にしてないと、彼女が歪む。

自分がそれをみて、どう想ったか。

だけの段階でも、批判という相手にむけたものしかでてこない。

自分にふりむけてこそ、「必要」になってくる。

自分にふりむけるというのは、こっちへの批判をそのまま、自分にあてはめて考えるのが

第1段階。

初歩的な操作である。

「憂生はこうだ」

と、批判したものが、自分にあてはまらないか、考え直す。

当てはまれば、反省材料を見せてくれる憂生として、憂生が「必要」な存在だったといえる。

当てはまらなければ、憂生みたいな自分でなくてよかった。と自分を喜べる。

そして、批判という程度の低いところだけしか、沸かされない相手(憂生)を

切ることによって、自分の精神環境レベルを保持していく必要があると想う。

ところが、この段階にさえ、進めず、

もっぱら、こっちへ「批判」をぶつけてくる。

己で昇華していく部分を相手にぶつけて、それで終わる。

歪みきっているとしかいえない行動はそれを読むほかの人間にも

嫌悪感を持たせる。

まあ、人事(憂生の範疇でしかないから)だから

「よく、そんなの相手してるなあ」とは口にだすが、

ここにも、嫌悪感が見えてくる。

結局、彼女も「ぼろい人間」だとおもわれてしまう表明をして

自分を大事にすることができないでいる。

それを放置している憂生も

憂生らしくない。

どこまで、こっちの「自分を大事にしなきゃいけないよ」という意味合いが通じるかわからない。

こちらの文章を読み取る事ができない人だから・・・。

多くは期待していないが。それでも、ひとのところに来て「ぼろ」をだして

「ぼろ」だとまわりにみせつける行為を放置して黙って切ってしまう。

これは、あまりにも、無情じゃないか?

一期一会の厳しさみたいなものも、確かに必要だとは想う。

ある程度のレベルをこちらが淘汰していくのも許されてもいいかもしれない。

だが、やはり、あまりにも、おおくの「ぼろ」と多くの(憂生だけでなくまわりにまで)不快感を残すやり方はききいれないとしても、知らせておく必要はあると考えた。

以後彼女がどうするかはしらない。

憂生も、彼女と一対の「教えてあげるのよ」でしかないいらぬおせっかいでしかないのかもしれない。

そして、それをすませた憂生は

車の屋根のうえの猫の如く

大きくなったら、本場の狩りにはいる。

本当のものでないものに突進していく必要もない。

そして、憂生が例えばこう言う風に自分をみさだめていこうとすることが、

本場の狩りであり、

向かい合うのは「自分」でしかなく

強敵こそ己のうちに居るという事でしかないと想う。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5794位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2141位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。