画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の懐をあてにすんなよな。

マア。随分前のはなしだ。

最近は通り魔事件や何やかやで防犯 意識が高まったせいだろうか?

個人宅へ(ボランテイで、※※救援基金への援助にご協力下さい

〔長い科白だぜ))と、あらわれる奴をトンとみかけなくなった。

憂生がこれから書こうとしてることは随分前に見かけた

そのトンの奴のことである。

トンの出現は、夜の8時ころだったろうか?

外はすでにまっくらだった。

玄関のチャイムがビンボーとなるので、

憂生は玄関にでてみた。

ドアを開けるとそには女の子。

お決まりの文句を玄関先でいいはじめた。

これがトンだ。

自分の熱意を精一杯話すトンの姿はある意味好感がもてるが、

居合わせたバイク野郎がすっとんできた。

女の子の声にでてきたか?と、思われるだろうか?

否。

バイク野郎は怒りだした。

「あんたな。こんな時間にボランテイア活動か?ええかげんにしろよ」

突然の怒り声の意味を遅い時間の訪問のせいだと思うだろう?

否。否。

「女の子がこんな時間に独りで個人宅を訪問する?

中にどんな人間がいるかもわからない。

もしかして。変な男がいて、部屋の中に引っ張り込まれて

どんな目にあうかも判らないって事、かんがえてるのか?」

怒り出したバイク野郎はさらに

「自分がいいと思ってしてる事でも・・いい結果になるとは限らない。

何かあったらどうするんだ。家にかえりなさい」

と、いいはなった。

びっくりした顔のトンは

「はい」とだけ、うなづいて、玄関を立ち去った。

「ふむ・・・」

憂生はバイク野郎と違う視点で腹をたてていた。

が、いいそびれてしまった。

で、此処で言ってみたりする。

「人の懐を当てにして、何がボランテイア活動だ?

うろうろ、人の家をめぐってる時間があったら、

バイトでもして自分で稼いだ金を寄付したら。どうだ?」

安部公房のエッセイ にもこれと似た話があったが・・・。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3867位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。