画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異種異様かもしれぬ。  

意味合いが違うかも知れぬ。

きつい言葉を投げかけた。

ただ。

こうなのだ。

餓えている人間がいたとする。

もっている、おにぎりを

全部渡してはいけない。

半分自分にくわせて、半分渡す。

自分におにぎりが半分しかなかったら、

はっきりいって、みごろしにする。

それくらい自分を大事に考えなきゃいけない。

その跡のいたみ?

それはおにぎりをもっとたくさんもてる人間になることでしか、埋め合わせられない。

また、溺れている人間。

これをすくう?

自分が泳げなければ救えない。

それでも、救いは慎重を期す。

溺れる物は藁をもつかむ。

泳ぎの達人でも

おぼれきって、しまうのを待つ。

それほど、

人を抱くという事は

むつかしく。

己の痛みにたえなばならぬ。

すまない。

想い一つで変転をおこす程、精神は若くは無い。

みかねた甘さで餓えかけた事も有る。

ともに溺れかけた事も有る。

ただ、人をだくに・・・。

まず、己自身で己を抱く強さを持たせる。

今の所の憂生の考え方はこうなのだ。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3615位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。