画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかね~~~~~~

もちろん、みんながその額面どおりにとっているわけではないのだろうとは思うものの

やはり、アメーバーにくると、愕然としてしまう。

さきほども、ちょっと、おじゃましたところに、

リンクされていたブログのタイトル・・・・。

憂生がスピリチュアラーや霊能力者やカウンセラーやセラピストなどなどを

うさんくさいと思う、そのままがタイトルになっている事が多い。

いわゆる、ハウツー物といっていいか。

ーこうすれば、よくなりますー

って、奴だ。

憂生も手相のことを書いているので、これもたとえにするが、

例えば、-線をかきたすとよくなりますー

これは、憂生に言わせれば、本末転倒なわけ。

手相が刻まれていくには、それなりの理由がある。

例えば、上司からうとまれる。

なんて、暗示がでた時、これに線をかきたして、運?をかえるのか?

自分のどういうところが、原因になって、上司からうとまれやすくなるのか?

ってのを、みつめなおして、

先ほどの記事じゃないが、

「思いを救う」ことをしなきゃなんないんじゃないか?

同じように、オーラーの色のことも同じだ。

ヒーリングしたり?セラピー・・エトセトラで、安定した色にすることを目的にしたがる。

さきほども書いたが、

オーラーの色は自分の思い方・姿勢がほぼ、反映する。

オーラの色をしることは、悪いことじゃないだろう。

だが、その結果によって、自分の思いをみつめなおしていかなきゃならないと思う。


過去、ある方が、理性と感情で煩悶をくりかえしていたのだろう。

オーラーの色・・(憂生には、魂の周りー表面の色ーのように思える、丸い球体のイメージがはいる)

が、赤と青のマーブルになっていた。

いっておくけど、憂生は霊能力者でも、ヒーラーでもエトセトラ・・なんでもない。

このあたりのことは、また、考えるとして・・・。

そんなわけで、赤や青の色の意味合いさえわからない有様で・・。

アメーバー内のオーラの色について掲げている人のところにいって、色の意味合いをしらべてきたわけで、

結果、赤が感情的なもの、青が理性・知性・・となり、

これは、マーブルになってるというところから、考えをすすめていったわけである。

で、当の本人といろいろ話していくうちに、感情的に煩悶する部分がみえてきて、

本人もその感情を抑えるべき考え方もしっかりもっていたのだが、

感情がわきだしてくるのを、統制するもともとの考え方の部分がぐらついていた。

単純に言えば、感情のままにいきていったほうが良いんじゃないか?

と、いう思いと

いやいや、それは良くないのでは?

と、いう考えだったと思う。

詳しいことをかけないので、上手く伝えられない気もするが・・。

いろいろ、憂生の体験などなどから、

良くないのでは?と、いうのが、どういう風に良くないかを具体的にはなさせてもらって、

本人もその考えに納得するものがあったのだろう。

葛藤がおさまって、癒しを顕す「濃緑」一色にかわったわけだけど、

憂生が言いたいのは

「どの思いを救うか」を見定めていくという事だと思う。

手相のことでいったように、

上司にうとまれちゃいやだ。

と、いう思いを救っている場合じゃないということ。

自分の思い方、処し方のどこが

疎まれる原因をつくりやすくなっているかという

「どの思いを救うか」を捜すのが目的で、

うっかり、カウンセラーエトセトラに相談すると、

=人のせい=で、ごまかされる。

例えば、誰かの恨みをかってるとか、

先祖の因縁だとか、

生霊に取り付かれてるとか?

ここまで、かいちゃ、大げさだが・・。

無論、その見立てが間違ってるわけじゃないとは思う。

だが、根本は自分に原因がある。

恨みをかうようなのは、「どの思いか?」

先祖の因縁をかぶるのは「どの思いか?」

生霊・・もそう・・。

その部分を詮議していくのは、正直、自分じゃないと判らないところが多い。

10年も20年もまえの

例えば、

「私ばっかり、叱られる」なんて、いう「恨みがましい思い」が、

「恨みがましいもの」をよせつけているかもしれないわけだ。

そこのところを、詮議する気もなく、

線をかけば、よくなるということをいうほうも、

それにのっかるものも、

あるいは、

たなぼた式の生き方になってる自分にきがつかずにおわる。

物事、何でも、ギブ&テイク

あるいは、質量保存の法則。

たなぼたをあてこめば、

たなぼたをあてこまれる。

そういう図式になっているということを、きがつかず、たなぼたを狙っていた自分がまわりまわって、

人(自分)のことをていのいいように利用されたとか?

こういう結末になっても、まだ、ひとのせいにしていちゃ、話にならない。

まあ、そんなんで、アメーバーにくると、商魂たくましい、似非求道が

次から次からやってくるし、

そこらへん、一番最初にかいたように、

額面どおりに取っているわけじゃないんだろうと思いつつも

リンクしてあったり・・するのを見ると

一抹の不安を感じるのである。



関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4707位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1723位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。