画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら・・判ったような・・・。

武は中学を出て直ぐ大工になった。

近所の棟梁のとこに弟子入りしたんだけど。

武が20歳くらいの時に職場で事故を起こして、

中指を第一関節から飛ばしてしまっていた。

その武が憂生のところに遊びに来て

指を見せてくれてたんだけど?

「でも、小指じゃなくて良かった」

と、言い出した。

「小指なんてそんなに使わないし・

あんまし役にたたんと思うだろう?」

武は自分の言った事にそうじゃないんだと首を振って

「憂生、ちょっと、紐もってこいや」

と、言い出したんだ。

言われたとおりに紐を持っていくと

武は

「これを引っ張るから、憂生はとられないようにシッカリ握っていろ」

と、謎解きを始める気らしい。

武に言われたとおり

握ってみた。

武が紐を引っ張っても憂生の手の中に紐はあった。

すると、

「今度は小指をたてて、残りの4本の指で

握ってみろ」

条件を変えて同じ事をしてみた。

小指が添えられなかった握りはうそのように

あっさりと武に紐を取らせる事を許した。

「小指がないと力がはいらんのだ」

武の実験?は確かにその通りだと

実証してる。

ちょうど、おふくろが傍にいて、

話を聞いていたんだけど、

あとで、

「小指がないと、力がはいらない。

そうだねえ・・・」

おふくろは小指から子供 を連想したんだろう。

「子供がいるから、力がはいるんだよねえ」

と、ぽつりとつぶやいた。

こんな憂生でも、おふくろには、

「力込めさせる」役に立っているんだと

いってくれたのかな?

なんて、今頃になって、

おふくろのつぶやいた言葉の意味を考えてる憂生である。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5794位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2141位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。