画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログネタ:“ウチ飲み”のこだわりポイントは?

いろいろな経緯が重なる。
まず、憂生自身が調理筋であり、居酒屋系統でのバイトの経験も有る。
そこで、一番こだわるのが
「つまみ」
酒のみだからこそ、つまみが活きる。
注文して出てくるつまみというのは、
「そこまで」
なのだ。
ところが、自分で作るつまみというものは、
来てくれた人間に
「え?」
を、与える。
旨物談義VOL1にも取り上げてるが
たとえば、
鳥の肝煮。
とか、
ただ、新しょうがをスライスしたものに
味噌をつけて食べる。
これが、目新しい。
つまみがまさしく話のつまみになる。
中には、家でつくってもらうと
造り方を聞いてきたり
場が開けたあと、
残ったつまみをもって帰るヤツ。
こんな楽しみ方は
絶対、外では出来ない。
酒もビール、日本酒、ウィスキー、ワイン、焼酎など・・。
何種類か取り揃えている。
ビールの飲み方。好みは黒ビールで割る。
焼酎は田苑・・・黒霧島・・他いろいろ。
ウィスキーは今・・何種類あったかな?
ラセンシップにシーバスはこの間空にして、山崎系統。
ワインはスペインとイタリアとフランスの白と赤。
ドイツワインは飽きた。
泡盛もあった。日本酒は・・新潟のなんとか誉れ?・・
ああ、ブランデーも転がってたな。
そこで、酒談義が始まる。
ゴマ焼酎のんだか?
ああ。
とんとことん・・
「たんたかたん・・だろ?」
紫蘇焼酎な。
やっぱ、オタールが旨い。
ロイヤルサリュートの話。
ナポレオンのブック。
安物ならJ&B・・。
・・・・・・。
あ・・・。
適当に切り上げよう。
そんな風につまみのタイミングを計りながら、
懐と車の心配しなくていい気楽な酒に
一味添える。
ん~~~~~な楽しみ、絶対、外では味わえねえ!!
関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1885位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。