画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューペンハウエルのことで・・・

キリストがエジプトに滞在していたかもしれないという話の中で、別の根拠として、キリスト教の教義・思想を細かくおっていくと、表現こそ違うが、仏陀の説くところ、あるいは、仏教の経典と同じ部分があるという。

そのことをみつけだしたのが、他ならぬ、ショーペンハウエルだというのである。

ショーペンハウエルだから、どうだ?というところであるとおもうが、憂生の創作談義の中に、ショーペンハウエルの「読書について」という一文への考察?感慨?を連ねたものがある。

詳しくはその一文を読んでいただきたいのであるが・・。

このショーペンハウエルの論ずる「読書論」が、物書き憂生には、非常に的をえていたというか、共感を覚えるちゅうか、賛同する部分がおおくあったわけだ。

「精神論」というべきところだけれど、歴史を齧っていく中で、既存の資料に、現れにくいのが歴史上の人物の感情や考え方や思想、および、それらをはぐくんだ環境・背景だと思う。

憂生の解釈の主だったところで言うと、「天という概念」などというのも、現れにくい「精神論」だと思う。

そのあたりの考え方とか、羅馬船で述べたけれど、見た目と音という感性部分からへの洞察みたいなものは、はっきりいって、根拠がない。

ショーペンハウエルもキリストが仏教の経典をエジプトの仏教徒から口伝された?(キリスト側から言えば学んだ)と、決定づける歴史的根拠は持っていないと思う。

が、ショーペンハウエルの感受性というのだろうか。

それが、捉えた物事を確定していくために、彼は多くの宗教の経典をよみあさり、照らし合わせ、ほぼ同じことをキリストが表現(したと弟子がかいたわけだが・・)していると突き止めている。

無論、人間である。同じようなことを考えるのは当たり前のことだから、

悟りの境地?にたったキリストも仏陀も同じような覚醒や真義を得たとしてもおかしくないし、

似たようなことを考えるという説がなりたたないとなると、

憂生はショーペンハウエルが如き、感性と頭脳をもっているということになる/爆笑問題

しかしながら、キリストがエジプトで仏典を知り、その教義に感銘し、キリストに多大に影響をあたえたと考えるショーペンハウエルのその感性の深さや膨大な資料をしらべていったという努力とを考えるとやはり、憂生はショーペンハウエルだからこその推察だと思う。


読書について/ショウペンハウエルから・・1ニューモ@書評ブロガー&フォトリーダーさんの書評から、
抜書きされた部分を掲載

読書について/ショウペンハウエル

オリジナルを読め

★ふさわしくない著者の手になる駄作、空っぽな頭が空っぽな財布を助けるために書いているろくでもない書き物は、合わせればすべての本の9割にもなる。
★もっとも高貴でもっとも稀有な本を読むことなく、毎日次から次へと出版される三流作家の書き殴りを読んでいる読者の愚かさと勘違い振りは、もう救いようがない。
★彼らは刷り上ったばかりの本だけを読みたがる。
古人の書いたもの、真の古人の書いたオリジナルを熱心に読め。

考えずに読むな

★本ばかり読むことは慎まなければならない。
精神が代用品に慣れ、肝心の問題を忘れることがないように。
★本を読むというのは、私たちの変わりに他の誰かが考えてくれるということだ。
★一日中おびただしい分量を猛スピードで読んでいる人は、自分で考える力がだんだん失われてしまう。

世界を読め

★自分自身で到達した真理や洞察には、百倍の価値がある。
その真理は、それを求める気持ちが高じてきた正しいタイミングにあらわれ、
心に留まり、決して消え去ることはない。
★学者とは、本で読んだ知識を持っている人のことである。
しかし、思想家、天才、世界に光をもたらす人物、人類を一歩先へと前進させる人物とは、世界という本を読んだ人である。
★読んだ本から得たものを、自分の糧にして、そこから自分というものを考え見出していくことです。

これがショーペンハウエルじゃ、なかったら憂生はとりあげないんだけど・・。
ショーペンハウエルの「洞察力」については、
歴史を齧ってみるの中ですこし、触れている。
読むに「真髄」にふれるという部分で重鎮に値する「洞察力」を持つ人として、
一目置いている。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3773位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1388位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。