画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みほのひめ。

美穂神社の主祭神は、美穂津姫と事代主であるが、この由緒は、?と思う。


三保の松原の先端の岬は美穂崎であったように記憶する。


また、美穂津姫にあやかっての地名であるというのであるが、由緒によれば、

美穂津姫は大国主命の后であり、事代主とは、夫婦ではない。


また、越の国において、父。母の素性を考えれば、美穂津姫が、天津神になろう。

ところが、越の国の伝承によれば、出雲にいってない。

あるいは、いったが、途中で帰ってきている。と、ある。

大和朝廷側の進撃により、出雲に帰省したという見方もなりたつのであるが、

この女性はぬながわひめであり、出雲にはいって、美穂津姫に名をかえた。

とも、考えられるが、

大国主命との間に美穂須ゝ美という娘をもうけている。


むしろ、こちらが、美穂の名前をうけているところをみると、

母、ぬながわひめの懐妊の名前。

美しき穂をたたえた姿(美穂津姫)から、

みほすすみ、がうまれたのではないかと思う。

文字的意味合を読むと、

美穂の地を清め住みたもう。

という風に読めてしまうのは憂生の考えすぎだろうか?


美穂神社の千木は、今もって不思議である。

天津神と国津神が横に並ぶ様相で、横に並ぶということは、

これは、夫婦であろうか?


どうも、元々は大国主命が、ぬながわひめをむかえるために

妻籠もりとしての土地だったのではないかと思う。

位的にみると、天津神であるぬながわひめ一族であるから、

おむかえするに、天の千木をかかげよう。


その横に大国主命が夫婦という形の千木をたてたのも、

ひとつに、歴史的背景を感じる。

国譲りの神事が行われた場所であり、

時代的に大和朝廷の圧力がかかっていた。

このため、越の国から、ぬながわひめをむかえることは、

政権拡大というか、地盤を作りあげていく礎になったと思われる。


あまてらすという高天原系の天津神あいてに、

天津神系譜のぬながわひめが、布石になるとかんがえられたのではなかろうか。

故に、天・国横軸の千木をつくったのではないかと。


ところが、なぜか、ぬながわひめの名前ではない。


考えうるのは、ぬな河一体をおさめていたぬながわひめは、

翡翠から霊力?をえていたわけで、

その名前からも、奴奈宣破姫。

つまり、翡翠の霊力により宣い破るといういみあいで、

いわゆる地付きの巫女だったのではないかと思う。

そして、あたり、一体をおさめていたのであるから、越の国の伝承のように、

出雲には、いってない。あるいは、すぐにかえった。

と、いう線が妥当のように思う。

地付きの巫女であれば、当然、出雲に行ってもその霊力を発揮できない。

むしろ、ぬながわに帰り、そこで、出雲の平安を祈ったほうが、よいということになる。

まして、息子(たけのみなかた・・・?)は、ぬながわにのこしているわけである。

当然、娘は父方にいくのではないだろうか。

事代主以降、娘(娘の娘・・とか)が天皇家の血筋に関与していくのであるが、

これを考えても、娘というものが、強い勢力との姻戚関係を結ぶ可能性があるわけである。

ましてや、天津神系譜の娘を大国主命側が貰いうるという事はありえたと思う。

だから、ぬながわをさるときに大国主命が娘をつれてかえったか、

あるいは、ぬながわひめが、美穂の地に一時きたとしたら、

娘は出雲においていくしかなかったのではないだろうか?


最初はぬながわひめが住まい、しばらくのちに、美穂須ゝ美がその土地に住まった。


と、考えたくなる。


そして、この美穂須ゝ美の消息はさっぱりわかっていない。


この美穂神社、国譲りの時ににぎはやひがかけつけているという資料を目にしたことがある。


天孫であるということでの、ひと悶着をいやでも、おもいおこさせるわけであるが、

あるいは、美穂須ゝ美もアマテラスにとって、にぎはやひ同じくの天孫であり、

同じ巫女・巫として、たんこぶ的存在であったと思われる。

あるいは、ここで、美穂須ゝ美は抹殺されたのかもしれない。


そして、出雲大社よろしく、

大国主命の怨霊を封印しているというように、

天皇系列になっていった、事代主を封印にして、怨念をしずめているのかもしれない。


なぜ、事代主なのかということになると、同じ例がある。

同じ系譜のものを禰宜などにおいたりする例はいくつかある。

怨念の力が強大であるため、

赤の他人では封じ込められない・・祀れない。

まあ、先祖の供養は子孫がするというのとにたようなもので、

事代主が国は譲ったが、大和朝廷側とのことは、もう、水にながして、和合しているのだから、

貴方も許してあげなさい。とか、いえる存在であり

逆に子々孫々に大和朝廷が入り込めば、嫌でも、たたる事が出来ない。

守護に回るしかないという形の怨念静めだったり・・。


美穂須ゝ美というのは、ちらりと名前がでてくるだけで、

以後、本当にいたかどうかもうたがわれるのであるが、

国譲りの重要拠点である美穂神社において、

ぬながわひめの不在(後に、越しの国において大和朝廷にほろぼされる)を考えても、

わずかの間いただけ、あるいはいなかったぬながわひめを美穂津姫と呼ぶのは奇妙なきがする。

また、このあたりの地名のみほは、三保であり、


これは、どうも、国引きで、朝鮮半島、越しの国をひっぱったというように、

出雲・朝鮮・越しの三つの地を保守するという三保で、

みほのひめ。

と、ぬながわひめを呼称したところと、

懐妊。あるいは、越しの国との同盟?により、実りあることへの期待とで、

三保を美穂にかえたのではないかと、うたがうわけで/え?


事実上、そこに住んでいたのは娘である美穂須ゝ美ではないかとおもうのである。


出雲大社よろしく、

承諾の上での国譲りという美談をつくりあげる裏側で、

これまた、美穂須ゝ美の抹殺をめくらます何かがあったと思うのは

うたぐりすぎだろうか?


大和朝廷側へのかなりの貢献があったと思う、事代主のその後の系譜を思うと、

美穂須ゝ美の消息が途切れ、一方で、ぬながわひめを徹底的に追い詰め自決(とも?)させているわけで、あまりにも、奇妙に対偶が違いすぎる。


あるいは、一番、じゃまものである、大国主命・(あるいは、スサノオ)美穂須ゝ美を

抹殺し天神殺しというたたりを払拭する血で血をあらうという粛清があったのかもしれない。

にぎはやひにしろ、月読も美穂須ゝ美も奇妙に歴史伝承がぬけおちた存在である。


*このあたりをまとめてみるため、ぬながわひめをかいています。


執筆中のカテゴリの中にはいっています。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6810位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2481位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。