画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごにょごにょと   (SO2)

もう、10年以上まえになるか・・。

SO2というゲームの二次創作をかいたのは。

いわゆる、♂同士で、しょたものという設定は、

正直、

憂生には、よくわからないwww

ただ、この物語をかきおこしていった動機というのが、

クロード自体にだって、迷いや背徳心やいろんな葛藤があっただろうとおもったから。

そこを、ほりさげてみたいとおもった。

第1話において、

黙って聞いていたレナだったが、口を開いた時には怒り出していた。

「何が不毛の愛よ…笑わせないでよ。だいたい貴方は異常よ!異常のくせして、正常の振りをしようとするから無理がいくのよ!弟のように思おうだの、女の子として好きになっているのかもとか、異常さを認められないからって、正常な振りをしないでよ!ええ、そうよ。確かに貴方は神を裏切る冒涜者よ?貴方は地獄へ落ちるわ!」

レナは少し声を和らげた。

「私が神だったら男をどうしようと、年のいかない子を陵辱しようが、そんな事は、いいわ。何よりも許せないのは、レオン一人で地獄へ行かせようとしている事よ。そんな事までしといて。それに、だいたいあの子が女の子でも男の子でも、捕まえていたんじゃないの?チサトに貴方の何が判るって言うのよ、バカ!そんな言葉に惑わされて、貴方も馬鹿じゃないの?レオンも困った人を好きになったものね」

「その通りだ…」

「レオンはもう、貴方の事を受け止めていくわよ。ぶつけられない恋なんて、一人よがりもいいとこよ」

クロードがレナになにか言いかけた。が、黙った。

(レオン。君に受け止められたい。僕をぶつけたい)

確かにそう思う。黙っているクロードに

「堕ちるなら…二人で堕ちなさい…。レオンを置いて行ったら許さない」

そう言い放つとレナはディアスのいる方へかけていった。レナの胸にかすかな痛みが走った。

それは、最後まで残っていた恋のトゲが抜けた痛みだった。

[さよなら、クロード]

レナはそうつぶやいた。

ここが、ひとつのキーポイントになって、

レナの心もディアスの心も、きになっていった。

ディアスにいたっては、両親を同族にころされただったか?

(いや、まともに、原作をしらない)

心から人を信じれないというか、

離れていってしまう、いなくなってしまうという不安をだいていた青年だったとおもう。

なにか、心をがんじがらめにしているもの。

これをほどいていきたいとかきはじめた、結果

次々と

がんじがらめになっている心にいきあたってしまって、

20話という大量作品にしあがってしまった。

上に抜粋した

何よりも許せないのは、レオン一人で地獄へ行かせようとしている事よ。

堕ちるなら…二人で堕ちなさい…。

のレナの発言もまた、ひっくりかえせば、

聖人レナとしての発言であり、

結局、ここも、解決せねばなるまいと、なってきたり、

♂同士というカップリングにおいてだって、

おこりえるだろう、欲望なのか、愛なのか

みたいなところで、迷い込むレオンになるのも、

また、レナの聖人的見地による。

レオンというキャラクターを設定していくなかで、

ー両親にかまわれない孤独な天才博士(少年)-

つまるところ、

ー愛されたいーという思いをどこまで昇華させるか。

いわゆる、はい、結ばれました。

と、いう意味合いでなく

レオンにいたっては、

「僕はなにもかもうけとめたい。

優しいクロードも欲望だらけのクロードも。

優しいクロードならいるけど、

汚いクロードはいらない。

そんなのは、嘘だ。汚いクロードだってクロードじゃないか」

と、いうせりふをはく。

つまるところ、なにもかも、うけとめるというレオンに対して

クロードの中で

みっともないとか、人がみたらどうだろうとか。

外的判断を価値にしていたというかな。

そして、また、このレオンのなにもかもうけとめていくという姿にきがついたレナが、

自分が何をまもっていたか。

恐れという自分大事から、ぬけだせない自分だったということにきがついていく。

まあ、あやしいシーンもひとつの愛情の表現として

かいているため、こちらには、アップできずにいるが、

基本、ポイントをせまくしぼっているが、

白蛇抄の理念

「思いを救わねば、本当の救いにならない」というところは、

同じ毛色である。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3867位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。