画像1 画像2 画像3 画像4

しずやしずしずのおだまきくりかえし

怒りをあらわにする頼朝の袖をひいたのが、政子だった。

「あなたもかように、ひかれて、いまにおわしましょう」

おもえば、さんざんたるいきこしの袖をひいてきたのが、

政子である。

頼朝にとっての政子が

静御膳にかさなってみえたとき、

頼朝はその場所にもう一度すわりなおした。

政子にとって、

静御前の境遇は

また、己のものであった。

血を血で洗い、

義経をも、義経の子をも、

この世からついえた。

その繁茂のうえになりたった、

政子と頼朝でしかない。

泡沫か・・・。

つぶやいた頼朝の胸にあの日の政子の姿がよみがえってきていた。

政子だけが、頼朝の光明だった。

義経の光明が頼朝に小さな光をともした。

己が生きたことを照らし出す

政子の姿と

静御前の姿が

潤む光のなかで、ひとつにかさなってみえた。
関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1806位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク