画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考え直して・・結論

なんだ?なんだ?

ちょっと、気になっていたが、まともにきにしていなかったら、

なんだ?

ちっとも、この人。更新していない・・・じゃんか。

って、人のこといえないけどさ・・。

で、でかけてみました。

何でも、健全なアメーバブログにふさわしくない表現があったとかで、記事が

無断で削除されていたとかで、掲載場所をかえたような・・・。

な~~~んかね。

憂生は、アダルトとかも、書いていまして、それを一時期此処で公開したこともあるのですが・・・。

公開しながら、疑問はありました。

通報制度がしっかりしているところでもあり、何度か、通報してますが/笑

あれがいけん、これがいけんと規約がありながら、官能小説がどうどうと、公開されてました。

単純に、それ、おかしいんじゃない?

って、思いながら、こそこそと?堂々と?

自分の疑問というか?筋目をまげて、アダルトを公開してる。

なんか、そのあたり、自分でいやになってしまったのもあって、削除してしまったのですが、

まあ、そもそもが、まじめな人間ですから、当初はアダルト作品はきちんと、FC2のアダルトブログに登録して、公開していました。

そのうち、己の豊かな表現力に慢心しまして/大笑い

あちこちの普通のブログにも公開するようになりました。

途端にカフェから勧告がきました。

もう、5年位前かな。

18歳未満の人間が参加しているところに、冒頭紹介リンクだけであっても、良くない。

即刻、掲載?リンク(ブログとの提携により、ブログにあげたものが、冒頭紹介されるシステムになっている)を改めるようにと・・。

しょうがないので、アドレスだけ、リンクしても、即、勧告がはいるという徹底振りで・・・。

こんな事があったという実績/爆笑

のため、アメーバーにきても、な~~~んか、変だよね。

って、思っていたわけだ。

憂生はアメーバー歴、けっこう、古い人で、最初の登録は2005年5月くらいだったと思う。

当初のカテゴリー40とか?テキストアップ中に消滅とか?

文字数制限がうざいとか・・(当時すでに、長編をいくつももっていたわけで)

そんなこんながかさなって、まともに利用することがなかったわけだけど、

カテゴリ(ここでは、テーマか)が100までになったところで、まいもどってきたという経緯がある。

*この間、さがしてみたら、2005年7月に登録してるブログがでてきた*

で、物語を100編ほどあげて、はね子にするみたいで、アダルトもしっかりあげてみたものの、な~~んか、非常に居心地が悪く、

かつ、ばしばし、通報もやってたし、これ、矛盾しすぎだよな。

って、思う頃に、アメーバーが健全サイト宣言をしたわけだ。

だったら、煽りまくりの官能小説はどうなん?

小学生よまないの?

読めないようにできるん?

あん?憂生は?

人のこといえる状況かよ?

ってなもんで、どこかに書いてるんだよな。

そこらへん徹底しろって。

で、言った手前とあほログ検索に辟易して、物語すべて、とっぱらいはじめたわけだ。

でね、アメーバーも途中から方向を見定めたという路線変更があってやむをえないとは思うけど、まだまだ、おかしいところいっぱいもってるわけだ。

ジャンルだったかに、お水商売とか?

こういうのがあるのも正直、妙だと思う。

と、いうのがこのジャンルに登録する人は、風俗などへの呼び込み・宣伝につかうということがあるわけで、某ホストクラブの登録などは、いまでこそ、おさまったというか、宣伝しなくてもよくなったせいか?出張ホスト(つまり・・怪しい)という言葉をつかわなくなっただけで、ジャンル上は違反ではないだろうということになり、

自店の名前をどうどうと公開していても、アメーバーは健全なるブログで、

小学生などが読んでも安心なブログなわけか?

商売を蔑視しているわけではないし、憂生もウェイターではあったが、水商売はおこなっていたことがある・・。

このあたりのことを考えてみると、仕事上のこと?プライベートな部分でブログを書くのは、かまわないだろうが、18歳未満にとって、健全でない場所への誘導、宣伝行為がまかりとおっていることにも疑問を感じる。

そんな中、いくつかのブログがアメーバーにふさわしくない表現があると訪問できないようにする措置が実行されていたりしていたわけで、これも、どこかで、アメーバーさすがと褒めた覚えがある。

ところが、今回、おおまか?あいまい?に、ふさわしくない表現を含むスレッドを削除するという思い切ったことをやりはじめてくれたようで、憂生自体は、気持ち、スッキリするものがある。

矛盾した状態で、旗印だけは、健全なサイトといいながら、実際は官能小説など、平気で公開されている。

ここに一矢報いたという気分をあじわうわけであるが、

だが、それをやられた側は、気分を害しているようである。

なんとも、はや、とは思う。

アダルトサイトの姑息なやりくちに【迷惑コメント。スクリプトブログ】業をにやし、

迷惑コメント対処ブログもつくっている憂生である。

ましてや、アップル自体がアダルトコンテンツを排除するという動きをみせてもいた。

いよいよ、アダルト表現に規制がはいると思う矢先に都知事の宣言もあった。

いずれ、ネットの使用権利はいろいろと、規制や公開基準がかわってくると思う。

18歳未満は入場できませんとかいてあっても、利用者がいくつかわからない。

こんな状況も変えていく方法が必要なのだとも思う。

そんな世間の動きに疎いというか、誰でも自由に読めるところにおかまいなしに良くない表現を公開していてもいいのだろうか?という謙虚な気持ちが麻痺していたとも思う。

おそらく、多くの支持者・フアンによって、どこかで、それ以外の人間の存在をかんがえられない。いわば、私のどこが悪いの?みたいな、洗脳・麻痺感覚が助長されていたのではないかと思ってしまう。

FC2においても、アダルト・官能が、おおっぴらに公開されているが、これも、憂生はどうだろうと思っている。

まちがってほしくないが、憂生もアダルト系統は書いている。

書いている人間が言う。

物書きである以上、自分の作品の本質を真摯に受け止めて読んで欲しいのはやまやまだが、検索ロゴをみている限り、本質には程遠いもので、煽り嗜好のためにかいているわけじゃない憂生は、「そういう目でしか読めない」人間の存在にも辟易してしまった。

自分の作品が大事だからこそ、ましてや、誤解されやすく、煽り表現にふりまわされてしまいやすいものこそ、うっかり、公開できないという自分の作品保護の思いがあった。

おそらくでしかないが、どういうロゴで検索されているか、わからない人がおおいのではないだろうか?

こんな目で物色されていたのかとぞっとしたとき、それが、例えば18歳未満の小中学生ではないか?と思ったとき、安易によめる方法は良くないと思った。

その部分でアメーバーにはアメンバーがあり、これを利用する手もあると考えたが、

やはり、相手の年齢も判らなければ、どういう志向かもわからないわけだし、一方で、風俗などへの呼び込みに使われ始めているという裏もあり、アメンバーの機能にも疑問を感じている。

憂生の真摯なる部分をよく理解していただいたら、アダルトもまた、その真摯部分がでていて、他のものをよむのと別にかわらないわけで・・。

むしろ、しいて、アダルトだけを読みたいという人間のほうがあやしいわけで、だったら、アメンバーいらないじゃんか。

まあ、そんあこんなで、さっさと非公開措置をとってしまった人間は、今、なにをしているかといえば、まじめに読んでくださる人がいないかと思うのと、良い場所はないかとあきらめ半分で思っている。

場所を変えても、同じことでしかないわけで・・・。

あえて、もう一度、FC2アダルトブログに登録して、正々堂々?と公開しようかとも思ったが、憂生という人間味がわからない状態でよんでみたって、深いところは理解できないと思う。

で、寂しい事ながら、ずっと、封鎖のままでおわってしまうんだろうと思う。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6774位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2239位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。