画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位相空間

相という言葉が浮かんだので、少し調べてきた。

どうも、スピリチュアルな分野では

この位相を位相空間として、とらえるわけで、

見えない世界においての

たとえば、

神界とか、仏界とか、宇宙とか、天とか、概念的な世界についての

認識が物理的位相空間で捉えられている。

一方で憂生が捉えているのは数学的位相のようで、

数学的な位相は下の定義になる。

位相:集合に要素どうしの近さや繋がり方に関する情報

わかんねえべ。

つまるところ、先の記事をよんでいただくと判りやすい。

物理的位相:

魂⇒精神世界

うつぼかずら⇒現実世界(植物)

違う世界のことである

数学的位相

先の話の中の魂とうつぼかずらの集合は一つのサークルの中に入る。

この(位相)の定義。

両方とも無私(虫)を捕食する。

という、共通世界というサークルの中に入る。

憂生のみていることは、物理的位相空間のことでなく

数学的位相空間であり

多くのスピリチュアラーは

位相空間というと、異なった空間というイメージで捉える事がおおいんじゃないだろうか?

どうも、此処にスピリチュアルの落とし穴がある気がする。

今はっきり認識されている

物理的空間の

心と悪霊については、

今はむしろ数学的位相空間で捉えられている。

心の中の悪い思い。心の外の悪い現象

これは、例えば「鏡に映った姿」というサークルの中に入る。

どうも、別世界のことという物理位相空間でなく

同じ世界に入る数学的位相空間でものを捕らえていく必要があるんではないかいな?

と、思ったので、ちょっと、書き留めておく。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2908位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。