画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲殻類(こうかくるい)・頭上チャクラのしびれの原因

頭上チャクラのしびれの原因はなんじゃときいてみたら、

わらじむし・・・って、こたえられた。

わらじむし?

って、おもってたら

「*んたま漱ぎ」って、いう。

おちょくられてるのかもしれないとおもいながら、

わらじむしとすすぎをぐぐってきた/笑

結果、わからない。

で、まあ、たぶん、外面上のことと、内面のことをいうんだろうと

しらべること暫時。

わらじむしというのは、土壌生物として繁栄しており、一般に土壌中のバイオマス としては上位を占め、しばしば優占する

ということだろう。

つまり、チャクラのしびれはバイオマス効果?かなにかで、

なにかを浄化している?ことによる、例えば毒素をとりのぞくとかで、

その毒素が反応してる????

で、

「*んたますすぎ」

なんちゅ~~すけべな言葉だとおもいながら、

まじめにとりくむ。

まあ、いわゆる、精子嚢なわけだから、

ここから、「生命力?」が発散される。

その生命力にかげり?があればゆすがなきゃいけまい。

ぴかぴかの生命力つ~~とこだろう。

などと、おもいながら、

寄生種がいるというところに、どきり?

宇宙人がウオーク・インしてくるというはなしがあるが、

この宇宙人の種類のひとつが、いかにも、甲殻類の特徴を持っている。

  • 口には1対の大顎、2対の小顎の3対の口器があり、往々にして胸部の前方の附属肢が顎脚として口器に参加する。
  • 胸部の付属肢は歩行用および遊泳用に使われ、外肢や副肢は退化したり鰓になっていることがある。
  • 腹部の付属肢はエビ亜綱以外では退化している場合が多い。腹部末端の尾節には尾肢あるいは尾叉などと称する付属肢起源の構造があることが多い。
  • 幼生は2対の触角と口器を持つノープリウス 幼生で、変態 を行って成体になる。より発生 の進んだ形で孵化するものや、成体に近い姿で生まれるものもある

    う~~ん、まあいえば、プレデタータイプの宇宙人を髣髴し

    こいつが接触してきてるとするのなら、

    憂生側に接触される理由。

    (たとえば、怒りっぽい宇宙人なら、憂生のほうの性格をみつめなおす)

    別に対象はなんでもよい。

    神様だろうが、ゾンビだろうが、人間だろうが、友人だろうが

    接触される憂生の「鈎」部分を考える。


    宇宙人が居る、居ない。などもどうでもよい。


    さて、プレデターがたの宇宙人をしらべてくるか~~~~。


    接触されてるのは、わかってるんだけど、

    憂生の解読器?のほうが、

    「解読不能」

    場合によっては、

    「接触不能」で、コンタクトをきるときもあるようである。


    まあ、そういう状態のものと接触する必要があるかどうかは、

    憂生はわからないので、(成るに)お任せ状態である。


  • 甲殻類(こうかくるい)とは節足動物 甲殻亜門に属する動物 の総称。

  • 分類学的には甲殻亜門(Crustacea)と呼ばれる。

    エビカニオキアミフジツボミジンコ などを含む非常に大きなグループで、深海から海岸、河川、湿地まで、あらゆる水環境に分布するが、主として海に多くの分類群がある。

  • また、ワラジムシ 類は陸上の生活に完全に適応している体は頭部、胸部、腹部に分かれる。

  • 頭部と胸部は見かけ上まとまって、頭胸部 を構成することがある。

  • 頭胸部背面から伸びた甲羅状の構造があり、背甲と呼ばれる。これによって頭胸部、あるいは全体を覆っているものが多い。全くこれを欠くものもある。
  • 頭部、胸部、腹部は複数の体節から構成され、各体節には付属肢 がある。付属肢の基本形は外肢と内肢に分かれた2叉型。さらに付属肢の基部の節に外葉、内葉がつく場合もある。外葉は副肢ともよばれる。付属肢や副肢は多様な機能に合わせ変形したり退化している。
  • 頭部には2対の触角 があり、第1触角は往々にして2叉分枝する。
  • 口には1対の大顎、2対の小顎の3対の口器があり、往々にして胸部の前方の附属肢が顎脚として口器に参加する。
  • 胸部の付属肢は歩行用および遊泳用に使われ、外肢や副肢は退化したり鰓になっていることがある。
  • 腹部の付属肢はエビ亜綱以外では退化している場合が多い。腹部末端の尾節には尾肢あるいは尾叉などと称する付属肢起源の構造があることが多い。
  • 幼生は2対の触角と口器を持つノープリウス 幼生で、変態 を行って成体になる。より発生 の進んだ形で孵化するものや、成体に近い姿で生まれるものもある。

なお、甲殻類には固着性寄生 性のものも多く、それらのものでは足や体節 が失われていたり、極端な場合は節足動物とさえ見えない姿のものがある。 体の大きさはヒメヤドリエビ が全長0.09 mmから、タカアシガニ の足を広げて3mまでの広い範囲にわたる。

生息環境など

甲殻類の生息環境は海を中心としている。鰓脚綱のものは、大部分が陸水産であるが、それ以外の類はほとんどが海産である。海中に於いてはプランクトン 性のものから、底性、潜行性とさまざまなものが、極地や深海の熱泉を含むあらゆる環境に生息している。陸上であれだけ優勢な昆虫 が海産種をほとんど持たない理由として、往々に甲殻類が多くのニッチ を占めていることが揚げられる。

淡水には、鰓脚綱やエビカニなど、分類群は限られるが、多くの種があり、河川や湖、池から小さな水路、あるいは地下水にまでさまざまな場所に生息する種がある。海から切り離されて淡水となった湖には、海産の群の特殊なものが出現する場合があり、海跡動物 と言われる。

陸に生息するものは更に種類が少なく、カニ類、ヤドカリ類と等脚類(ワラジムシ・ヒメフナムシ・ダンゴムシ)、端脚類(ヨコエビ)、それにケンミジンコ類 とカイミジンコ類などの少数の種が知られている。土壌生物として繁栄しており、一般に土壌中のバイオマス としては上位を占め、しばしば優占する[要出典 ]

エビやカニに他の動物と共生 生活をするものが知られている。カニ、ヤドカリとイソギンチャクハゼテッポウエビ などが有名である。

生態

食性は肉食のものから草食、デトリタス 食、寄生 性まで多岐にわたる。

体に保育のうなどを持ち、卵が孵化(ふか)するまでここで保護するものが多い。孵化後もしばらく親が保護する習性を持つものが、等脚類などに知られている。さらに、カリブ海では真社会性テッポウエビ が発見されている(以上、朝倉(2003)等から)。

歴史

古生代カンブリア紀から知られており、以降多くの化石 種が知られている。バージェス動物群カナダスピス が軟甲類であるとの説もあったが、異論もある。現行の分類群では顎脚綱と貝虫類の化石がカンブリア紀まで遡る。カイムシ亜綱のものは殻が微化石 としてよく出るので研究もよく行われ、現在知られている種数が、現生種より化石種の方が多いほどである。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3867位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。