画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とくちゃん。

とくちゃん。

これは君のところにはじめて、訪問した時の日記だよ。

おぼえているかい?

ひきこみ。

at 2004 02/05 00:49 編集

足跡をみにいって、「面白いから、またくる」と、いうコメントを発見した。

そりゃあ~~。

こういわれたら、誰だってうれしいもんさ。

けど、憂生はふと、この人のどの部分の琴線にふれたんだろうって、逆興味を覚えちまったよ。

で、思わず訪問したよ。

レスできるものが何もみあたらなかったから、

HPにもお邪魔させてもらったけど、

ふむ。こういう作り方もあるんだなと驚嘆しきりでかえってきたよ。

時節もあって、鬼の話をかいてあったけど、

憂生のメインHPに掲げた作品には「鬼」も登場するから、

憂生ん家には鬼は山ほどいるよ。

鬼の名前と言えば伊吹山の高麗童子が

憂生の作品の中の「光来童子」とかさなるね。

高麗童子はその名のとおり外国人のような容貌をしていたんじゃなかろうか?

これも憂生の作品の中の光来童子「幼名鏑木丸」の設定に似通うものがある。

光来童子は、父親如月童子と外つ国の女性との間に生まれた、いわば半妖?

いやはや、自分の話が先になってしまったが、

タイトルがしめすように・・。

うまく、ひきこまれる、足跡メッセージでした。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2596位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。