画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

****ちょっくら~~~~ちょ~~~い。 ****  

お登勢をウェブ ・ログにちょこっと、かいたんだけど・・・。

ふと・・・。

女子に対して
「お・・」というのは、
やはり敬称であろうか?

男に対して、
例えば
「お新之助」などとはいわない。

まあ、いいところ、様であろう。

ところが、女子はこの様さえとってしまう。
既に敬称?がついているというのに?
お市様・・・。

まあ、「お」というのは、女子言葉であるというせつもあるが・・・。

此処を単純に考えると
女子というのは「お」をつけてもらい、
はてには、「様」もつけてもらえる?

さほどに男より偉い存在なのだな?

なんてことをかんがえる。

すると、
ある、説得?
納得を思い出すのである。

男と女。
どちらが偉いか。

其の答えはこうだった。

「所帯を持つと、男は亭主関白。女は山の神。
せいぜい、関白くらいにしかなれない男にくらべ、女は神になれる。神と関白。どっちが偉い?」

ふむむ。
触らぬ神にたたりなし。
この答えには、
あえて、触れもせで、
道を説く憂生?
寂しからずや・・・・。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2767位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。