画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青色申告事情・・・

確定申告おわりました。

いろいろ、やってみなきゃわからないことばかりで、

今回、専従業者の賃金をちょいと、ひきさげようかってことになって、

税務署に届けにいこうと、用紙をもらいにいったら、

提出する必要はないとのこと。

引き上げる時は要るけど、

払えないときとかは未払い給料でかまわない。

設定した給与内で払うという、まあ、その上限額を決めただけだとのこと。

国保の値段を安くできないものかと、専従業者の賃金をおおめに設定していたんだけど、

なんのことはない。専従業者の賃金も所得として考えるわけだ。

同一事業所から収入を得た、同一所帯内の所得の合算・・・ってことなんだな。

利益が多い場合は経費としてみなされる部分で所得税対策になる。

が、利益が少ない時は専従業者のもともとの懐は同じだから、

これに住民税が加算される。

それならば、課税にならない額だけ、経費として

事業主が増えた部分だけかぶってもらったほうが住民税はよいかもしれない。

いずれにしろ、うまいこと、税金を取るように仕組んでいる。

青色申告のメリットは専従業者の給与を経費扱いできるということで、

所得税対策にはもってこいなのと、

帳簿が面倒だけど65万の控除をつけることが出来る。

白色だと専従業者の給与は50万だったかな。

控除はどうだったろう?

青色の最低ライン専従業者一人103万(だったかな?)と65万でここだけで、すでに、

170万ほどの控除がつくようなもんだけど、

白色は60万ほどかな?

100万の差額として払わなきゃいけない所得税は5%の5万円。

これを逆算して仮に専従業者に余計に300万はらったとすると・・。

(大雑把の丼勘定だけど)

住民税は12万くらいか?

事業主がその分減ってるから事業主の住民税が減る。

300万余分に払わなかったら所得税が15万。

で、これにもし事業税がかかると考えると

300万分が15万ほどか?

ところが、青色は本当~~~。丸見え状態で/笑

悪い言い方をするとごまかしようがない。

ごまかしようがない代わりに専従業者の給与を経費としてみなしてくれたり

控除が65万円とおおきいわけだ。

儲けられるなら青色申告。

よほど儲かったら会社にする。

そういえば、昨日、ぶつぶつ言っていた市民税・・。

会社から天引きされたら、源泉徴収額がかわってくるんじゃないかって思ったんだ。

だから、自分で払ってる人はそれを申告できるはずじゃないかって?

仮に20万もらっているところを市民税をひいて、

195000円だったら・・・。ビビたるもんだけど場合によっては

80~100円?まあ200円として2400円少なめにはらっていることになる?

ところが、20万もらっていたら、2400円多めにはらうってことになるだろう。

で確定申告にいってその差額の2400円でてくるわけかい?

住民税を自分で払いました。って、申告する場所(欄)はないわけだ。

なんでこういうことをいうかというと、半月ほどの給与しかでなかったとき

9万とする。

ここから、国民年金を天引きすると約75000円これに課税されない。

と、いうことで、連絡をいれたことがあったわけだ。

だから、市民税もおなじではないかいなあああ?

わかんねえ・・・。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6810位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2481位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。