画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いもこじ

いもこじしなさい。

って、思い(うかび?)がわく。

いもといもがこじこじあたると、

薄皮がはげていく。

こういうことだろう。

このいもこじを(意も誇示)ととってもいいかもしれない。

自分の意見を誇示する。

当然ぶつかりあう。

ぶつかってみることで、

自分の薄皮がはげていく。

うすかわがはげたら、

それが見える。

自分がそういう「皮」をかぶっていたことに気がつく。

これをやることに抵抗を感じる人が多いだろう。

いいかえれば、

「私はこうだ。あんたは違う」

って、やることにちかい。

だけど、憂生はわかったふりするというのがどうもできん。

大人の目線じゃない。

あんたがまちがってるというわけじゃないんだ。

憂生がもってる異見をひっくり返してしまうほどの

納得できるものをみせてほしいだけ。

自分でひっくりかえせるほどの大人じゃないから

あたってみて、ひっくりかえったり、右側でぶつかったり

左側でぶつかったりして、

自分をみてる。

同じ見方をする人間といっしょにいても

いもこじはできない。

違う見方をするにんげんだから、

自分の意見を誇示できるだけの

意識化も必要になる。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2582位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。