画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙草の煙にのせて


病院の当直をおえると、北原さんが、横にならんだ。
彼女も同じ当直番だったが、
病棟が違う。

職員玄関で、タイムコーダをおしたあと、すぐに、
北原さんがやってきた。

並んで駐車場まで歩くことになった。

病院の隣にある駐車場まで歩く時、患者のうめき声が聞こえてきた。

入院病棟は駐車場に面して建っているから、時折、患者の大きな声が
漏れ聞こえてくる。

「今日、搬送された男の人だよ」
北原さんはその声の主を教えてくれた。

「やっぱり・・・。産婦人科とかの看護師になったほうがよかったかもしれない」
私がつい、愚痴をもらしてしまうのは、北原さんの妙に姉御肌な性格を知っているからだと想う。

北原さんは駐車場までくると、車にのらずに、煙草に火をつけはじめた。
それが、合図で、私も、煙草をひっぱりだす。

「院長がだいぶ、おかんむりみたい」
「ああ?これ?」
病院職員が健康を害する可能性のある煙草を吸う。
昨今の嫌煙権もあり院内はいたるところ、禁煙になった。

休憩時間も拘束され、タイムカードをうつまでは、
喫煙できない。
そのせいで、駐車場にはいれば、すぐに煙草に手がのびる。
「まあ、実際をいえば、通勤中の事故は労災がきくわけだし、
病院の風聞ってことを考えると、通勤時間も勤務時間帯とかんがえられるわけよね」

病院職員が煙草を吸うのが、病院の風聞にかかわってくるのなら、
休日だって外で煙草を吸う事ができないってことになるだろう。

「まあ、そこまでは拘束できないけどね。でも、煙草のせいだと思える病気で死亡でもした日には、病院側の恥になってしまうかもしれないね」

「つまり・・院長に大義名分ができるってことだね」

北原さんの煙草をみつめる。
ロングピース。
それ、かなり重たくて、私はくらくらして、すえなかった。

スポンサーサイト

続きを読む

見えちまった。 《見えちまった1・2・3》

「どうしたんだよ?」

やってきた加奈子の顔色がいまいち、よくない。

「ん・・・」

生返事をしたあと、煙草をバックの中からひっぱりだす。

「あん?」

話せよと催促すると、

「あんたこそ・・なんか、変だよ・・」

って、いいかえしやがる。

俺も煙草をひっぱりだしてくる。

「まあな・・・」

俺のほうは現実問題じゃない。

まあ、簡単に言えば、幽霊みたいなものだ。

もちろん、俺にひっついてるわけじゃない。

二次的にかぶってるといっていいかな。

俺の呑み仲間だ。

そいつのうしろにくっついてるやつが、

俺と周波数があっちまうんだろう。

やけに体がだるくて、

そいつと呑むのもそうそうにひきあげてきたわけだが、

まだ、すっきりしない。

こんな時はTVで映画でも見るか・・・

ってなもんで、チャンネルをかえたところに

加奈子から連絡がはいった。

で、先の科白さ。

あんたも変といわれたって、こんな話をしたくもない。

適当に言葉をにごしておけば、

加奈子のほうがしゃべりだすに決まってる。

「それがね・・里美なんだけどさ・・」

里美・・ね。

可愛いタイプのほそっこい子だったかな。

「それがさ・・元々そういうところもってたんだけど・・」

そういうところってのが、どういうところかは、

これから加奈子が喋りだすだろう。

「とうとう、見えるようになっちゃたんだって・・」

は・・。

それだけで、ピンとくる俺も俺だと思うが

いちおう念のためにきいてみる。

「それって、俗にいう幽霊?」

「うん・・」

「で、怖いって?」

「ううん。怖い感じの幽霊じゃないらしいんだけどね」

「なら、まあ、いいか・・」

「でも、みえるようになってきたってことにね。それがショックらしいよ」

「で?なにが見えるわけさ・・」

「子供なんだって・・」

「ふ~~~ん」

俺はとりたてて、何も思わない。

しいていえば、見えることを自分でみとめちまわないことだ。

「まあ、見える自分をみとめちまうと、ほかのものまでみえてくるからな・・」

「うん。だと思うから、見なかったことにしよう。気のせい。気のせい。って、自分にいいきかせなよって、

それだけ、忠告してきたんだ」

正解だな。と、思う。

「それで、妙にくたびれていたわけか・・」

うん・・て、加奈子がうなづいた。

この世のものじゃない奴に遭遇するとエネルギーをすいとられちまうのかな。

そのエネルギーをすいとられちまった奴とあえば、あった奴もエネルギーをすいとられちまうんだろう。

「で、あんたのほうは?」

自分のいいたいことをいいおわって、俺のほうに話をふってきた。

「俺?・・」

まあ、いいかとおもって、俺も話し始めた。

「俺は浩次にあってたんだよ。あいつもなんかあるんだろう・・

妙におもたくなって、だるいから、かえってきたんだ・・」

俺の言葉に加奈子はしばらく返事をしなかった。

しばらく二人で映画の画面をみつめていた。

二本目の煙草に火をつけたとき、

加奈子も煙草をくわえた。

白い煙をふきだして・・、ぽつりとつぶやいた。

「浩次と里美は昔・・できてたんだよ。知ってた?」

「いや・・・初耳」

続きを読む

箱舟   (第1部)(第2部)(第3部)

一見みたそのときは、完璧なヒューマノイドタイプで、私たちは

まず、人間のそれも、行き倒れであると

あわてて、救急車を呼び、彼女あるいは、彼を、病院に搬送した。

身元を確認できる物はなく、いっさい、彼女(彼)を証明するものがなく、

名前すらわからなかった。

私たちが身元引受人として、病院での治療費いっさいを支払うとして、

病院側では、彼女(彼)の回復を待って、

彼女(彼)の個人情報を得るつもりだったらしく、

その時点で私たちは病院での手続きを終えラボに帰還した。

ラボの中では私たちがしていることといえば、たとえば、

「異種生物のDNA段階での交雑により、生物のもつお互いの長所を受け継いだ新種の発生」

ようは、混血による品種改良をDNA段階で進める研究をしてみたり、

「異なる環境下において、生物の対応力がどのようにDNAを変化させてきたか、それがDNAのどの部分に記憶されているかの調査研究」

これも、遺伝子工学の部類に入る物だと思うが、地球の環境変化に適応できるDNAを人間に適応することが

できれば、もっと未来の人類存続が保証できるのではないかという

いわば、ノアの箱舟計画ともいえる人類救済の見地からの研究である。

病院から戻ってきて、30分もたたなかったと思う。

病院側が私たちの研究を知っているとうこともあったとおもう。

上に彼女(彼)の身元を引き受けている。

病院から連絡が入った。

「彼女(彼)は地球外生命体であると思える」

病院からの連絡から、1時間もしないうちに、

ラボの中に彼女(彼)を移送し終えた。

昏睡状態に陥ったままの彼女(彼)を、

クリーンルームの奥、生命維持装置が並ぶ

厳重な個室のベッドに横たえ、

彼女(彼)に、点滴を開始した。

病院側が一見、人間の体そのものでしかない、彼女(彼)を見て

地球外生命体と判断したのは、

彼女の血圧を測ったことが最初だったという。

血圧は、無い。

脈も無い。

看護師は慌てて、彼女の生死を確かめた。

心臓も動いていない。

瞳孔は開いたまま。

植物人間?

いや、それならば、生命維持装置もつけず、

生きていられるわけが無い。

彼女は仮死状態にありながら、

もっと、言えば、死んだ状態にありながら、生きている。

醜悪な映画の主人公、ドラキュラのごとく

墓場の土の中に眠るゾンビのごとく、

目覚めるときをまちながら、

仮死状態でいるのかもしれない。

とにかく、レントゲンを撮ろうとレントゲン室に運んで、

撮影した時だったという。

レントゲンの照射により、

彼女の体全体が青白く発光しだした。

レントゲン室内に入ったレントゲン技師は

発光が室内全体にまで青白い光を投げかけている様を

ただ、見続けていた。

ひょっとすると、彼女は放射能を撥ね返しているかもしれない。

被爆しているのかもしれない。

そんなことも考えつきもせず、ただ、呆然と彼女の発光を見つめ続けた。

いつまでたっても、レントゲン室からでてこない技師を

不思議に思いながら、看護士は

彼女を集中治療室に運び入れるための

ストレッチャーをレントゲン室に入れてよいものか、

はたまた、まだ、レントゲンを撮るのか?

尋ね合わせるために技師に声をかけた。

返ってきたのは、技師のかすれた声だった。

「せ・・先生・・よんできて・・早く」

異変を感じた看護士は何らかの応急処置が必要なのだと判断し

まず、自分の目で「患者」の状態を掴んでおこうと思ったに違いない。

だが、結局、レントゲン室に入った看護士は、あわてて、

医師を呼びに行くことに成った。

看護士の報告に医師3名が駆けつけ、看護士とレントゲン技師

都合、5人の目撃者の前で

青白い発光が終息をむかえはじめた。

彼女の体の中に光が吸収され、あたりは元の部屋の明色にもどるまで、

ほんの30秒もあっただろうか?

まず、動き始めたのが看護士だった。

彼女に恐る恐る、近寄ると、彼女の呼吸を確かめた。

次に脈・・。

心臓が動いている。

「先生、呼吸も脈もあります。心臓もうごいています」

看護士の声に呪縛をとかれ、医師達が、彼女の傍に駆け寄った。

「どういうことだろう?」

彼女を、どうするか?

彼女を、どうすればよいのか?

まのあたりにした、青白い光が何であったのか?

彼女の正体はなんであるのか?

いっさい、討論などで、結論の出る物事ではない。

「レントゲンの照射によって・・発光が始まったということは、

たとえば、原子力エネルギーで・・・」

技師の言葉に、看護師はやっと、「被爆」を疑いはじめた。

「先生?彼女をどうするかより、我々の被爆の有無を確かめないと・・」

核融合ににた反応が彼女の体の中でおこり、

彼女は核エネルギーで生命を維持しているとするなら、

まちがいなく、医者や看護師で、解明できる「生き物」ではない。

正体不明の「生き物」を、どうするかより、

今、考えなければならないのは、

「我々」ではないか?

この結論により、

私たちはガイガーカウンターを携え、病院に戻る事になった。


続きを読む

金と銀の夢の鞍

庭に向かう細長い縁側に座布団をひとつおいて、
私は庭を眺める。
縁側のむこう床の間からは、キース・リチャードが流れてくる。
暖かな日差しが差し込み、
私は窓を開放する。
庭と空間を共有すると、
風が懐かしい香りをはこんできた。

私の妻がうえた、金木犀が右に
左に銀木犀。二本の木が花を咲かせ、
その香りがあたり一面を占有していた。

私と妻は見合い結婚だった。
5つも歳が離れていたが、
仲はよかったと思う。

私の仕事も順調で、結婚後、まもなしに、
街道から一歩はなれた路地をのぼった場所の空き地をてにいれた。
山際のせいもあり、格安で、敷地は200坪ちかくあった。

隣家といえば、路地をおりた街道沿いにしかなく、
見晴らしの良い小高い立地条件は
まさに一国一城の主気分をあじあわせてくれた。

そこに家を建てた。

南側に空池を配する山水をつくり、
縁側と床の間の間に雪見障子をあつらえる。

床の間のむこうはダイニングルーム。
はやりだした対面キッチンで、
20畳近くある。

応接室をかねた仏間と続き間。
ここはふすまを取り払えば40畳くらいになりかわる。
いずれ、私が死んだときも自宅で葬儀ができる。

2階に3部屋、すべて8畳にして、一室を夫婦の寝室につかっていた。

暮らしぶりも贅沢を極めていたと想う。
妻の為にピアノを購入した。
その演奏場所に離れを増築して、ホールを作った。

車の車庫にも瓦をつみ、金に糸目をつけない。
妻は英会話教室に通い、週末はいつもホテルのフルコースに舌鼓をうち、
服装に装飾品、すべて、ブランドに包まれ
何一つ不自由なく、不満なく暮らしていた。

ただ、ひとつの不足を除いて。




続きを読む

 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1955位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。