画像1 画像2 画像3 画像4

@件名なしのメールのブロック方法 (gooメール)

hayukukuku@gmail.com

の迷惑メールの検索があったので、少し。

憂生自体はパソコンメールを何本かと、サイトメールというのですか?

ヤフーとか、インフォシークとか、gooとか、こういうものも

何本か持っています。

で、中軸になる、パソコンメールは有料の迷惑メールブロックを利用しています。

一時期は自分ではじく設定をしたのですが、面倒になってしまったので。

で、サイトメールはもっぱらgooです。

ヤフーは4ヶ月ほど使わないとなにもかも削除されてしまうので、

あてにならなくなって、放置ですね。(今は変更されている様です)

いっそう、勝手に削除です。

他のところは、よくわかりません。

gooになんやかやで、6個くらいメールができてしまい

まあ、もうこれで、まにあってしまってるというところです。

ですので、ブラウザ自体がもつ、

グーグルならGメール

MSNならHOTメール

というものもいっそう、使いません。

そして、きちんと連絡をとる相手はパソコンメールでやりとりをするわけです。

すると、サイトメールにはいってくるメールの99%はスパムメールということになってきます。

どこかのブログを複数かりるときに、パソコンメールだけではたりなくて、

サイトメールで権利を取得する場合があるので、

迷惑メールばかりのメールでしかこなくても、閉鎖するわけに行かないわけです。

と、なりますと、てっとり早いのは、必要なアドレスだけを許可するという設定にするわけですが、

昨今、サイトメールを主軸にして使う場合もあり、

憂生も物書き同盟宛のメールアドレスなどは公開しているわけです。

どなたがはいってくるか、わからないということで、迷惑メール設定も簡単にしけない。

これを利用されて、↑のようなGメールが入ってくるわけです。

しかたがないので、拒否設定のところで、ブラウザメールを拒否することにしました。

きちんとしたブログをもってない可能性が高いからです。

ところが、それでも、くぐりぬけてメールが入り込んでくる。

その場合、件名なし、宛名なし、本文なしというパターンだったので、

一時期はヘッダー(ソース)を開いて、そこに書かれているアドレスを禁止設定に登録したわけです。

ところが、次から次へと元のアドレスをかえてとびこんでくるわけで、

ドメイン(いわゆる@マーク以後)を、かえても、判別が出来ないため

受信箱にはいる。(もちろん、禁止したものは迷惑メールボックスに直行しています)

だが、これは、おいつかない。

なにか、設定方法があるはずでもあり、大本にたずねあわせると同時に

件名なしなどの3拍子でメールアドレスを判別できないメールについてのフィルター設定をお願いしたわけです。

ま、対策と返答が同時だったのがお笑いなのですが、

サーバー自体がフィルターを設置したわけです。

でも、設定方法もおしえて下さっていて

gooメール以外でもこの設定方法があてはまるかどうか、わからないのですが、

受信拒否の設定ができるところが今は多くあると想います。(メール内になくても)

OCNなら「MAIL ON」など・・・(これは無料だったと・・)

名称はちがうと想いますが・・・。

振分けルール
「送信者」に[@]を含まない場合
「宛先」に[@]を含まない場合
「cc」に[@]を含まない場合
「すべての条件に一致」のラジオボタンを選択

・振分け処理
 保存先フォルダ「迷惑フォルダ」もしくは「ごみ箱」

*まあ、これを読んで、なるほどと想いましたね。

盲点というか、こういう風にふりわけることができるんだと。

で、ここにこれを発表しますと、件名とかに@だけをいれてくるとおもうのですよ。

そうすれば、件名に@をいれてくるものははじくという逆設定ができると想います。

同時に、こちらで解決できない問題はどんどん、スタッフにといあわせるべきでしょう。

今回のように回答が来たのと同時にフィルターも完成してるという早い措置をとってくれる場合もあります。

まあ、基本的にはパソコンメールはウィルスブロックと迷惑ブロックの2本立てで

安心できる環境で、

サイトメールはセキュリティがしっかりしているところを選ぶ。

ブラウザメールは逆に拒否設定もおおいですから、

利用価値がうすいし、信用がないので、ブログを作るときなどや

通報、問い合わせの時などにもホットメールや携帯メールなどでなくと断りがはいるくらいですから、

ホットメールなどをつかうほうがあやしまれるということになってきて、憂生は利用していません。

企業などの配信で利用される場合はそれなりの許可設定でこちらが対応できるので

そこだけ、許可したものが入るという事はあると想いますが。

あと、gooなどでおきている現象ですがこちらのアドレスをカバーにつかうという方法ですね。

ソースを見れば一目瞭然なのですが、時に自分のアドレスで自分のメールにスパムが舞い込むということがあります。

これはちょっと、考えますね。

他にスパムをおくるときもこのアドレスでカバーをしていて、

hakujyaとかいうアドレスはスパム野郎だと誤解されているのかもしれません。

そういう場合はたまにアドレス名を変えることをお勧めします。

本拠地のものはなかなかかえられないので、

いっそう、用心しなきゃいけないとおもいますが、元がしっかりしていれば、

通報になったときには、きちんとソースの提示をもとめてきますので、

誤通報は無いと想います。

面倒な仕事・・・

細菌・・・いや、最近、新しく記事を揚げるたびに


細菌のごとき、訪問があいつぐ。


訪問履歴ページだけに発信しているので、ブログ上では、カウントされない。


じつに、くだらない事ばかりかいているようで、


タイトルみるのもあほらしくなるのだが、以下の系統・・・


化粧品の真実

億万長者への片道切符



大量ににたようなタイトルで訪問してくるのは、あいかわらず、SHUを含むアドレスだろうwww

ちなみに、間違って、上記のリンクにはいって、以後くだらな訪問のターゲットに登録されてはもうしわけないので
gooのほうの憂生のブログのアドレスに差し替えておくことにする。

ちなみにくだらなブログはgooのほうにも登録している。
ひょっとして、憂生のおっかけかああwww



むこうは、リアルタイムにでているので、
放置することにしているが
こちらは、訪問履歴にはいる。

このおかげで、憂生の仕事がふえた。


来たとたん、削除。


で、この作業が頻繁になるので、作業報告記事の登録カテゴリも憂生’s/ジョブにいれたwww

さて、これをあげたら、
また、削除作業がはじまるのだな・・・

いたちごっこというけど・・・

いたちより、臭い奴だと思う・・・。





続きを読む

宿る

仕事がらもありますが、何事も根本部分が大事なのだと思うわけです。

機械製品の改造など多くあることですが、
依然として、民生の製品の質の悪さを思わされます。

会社向け製品は、耐久性のあるものというのが、
一番の条件で、すぐ壊れるような安易な作り方をしたら
自分の首がしまる。次の時に受注がこない。

民生のものは、営利を目的とするわけですから、
コストダウンを図るために、
まさかと思うような場所で、
わざと耐久性を考慮し、早く故障させ、
次の製品をかわせるように仕組んだか?と思うような
劣悪な素材を使用したりしています。

これが、10万そこそこのものであれば、いたし方が無いともいえますが、
50万以上するものなど、おいそれとは、次を買い換えるわけにはいかず、
末永く使いたいからこそ、大枚をはたく。
が、それさえ、欠陥をもっていて、対処しない。

仕事の話がそのまま、書くことに繋がってくる部分は
根本的改造という部分です。

できた作品のことをどうこういうことの意味合いでなく
民生にたとえる「売り物根性」というのが、
「根本部分」です。

この根本部分を変えたら、商売が成り立たない。

売り物根性を持たない職人気質は、
民生製品の哀しい宿命を思いつつ、
適正価格と程遠い修理、
まともになおせない修理、
チップを交換するだけの修理
を、横行させるメーカー側の根本構造を思います。

10年もたったら、まともに修理しない。
いや、修理できる、技術陣を育てず、
商品だけを売る。

後の保証さえない状況が、
機械の寿命をちじめ、
部品の劣化に対応できない状況が
粗悪な修理、見た目だけの変更をよびこみ、
結局、その製品を活かしきることができない。

物を大切にするという日本人の心がきえはて、
草木にさえ、神が宿るとした
純朴な心が蝕まれていると思うのは
大げさな考えかもしれない。


続きを読む

青色申告事情・・・

確定申告おわりました。

いろいろ、やってみなきゃわからないことばかりで、

今回、専従業者の賃金をちょいと、ひきさげようかってことになって、

税務署に届けにいこうと、用紙をもらいにいったら、

提出する必要はないとのこと。

引き上げる時は要るけど、

払えないときとかは未払い給料でかまわない。

設定した給与内で払うという、まあ、その上限額を決めただけだとのこと。

国保の値段を安くできないものかと、専従業者の賃金をおおめに設定していたんだけど、

なんのことはない。専従業者の賃金も所得として考えるわけだ。

同一事業所から収入を得た、同一所帯内の所得の合算・・・ってことなんだな。

利益が多い場合は経費としてみなされる部分で所得税対策になる。

が、利益が少ない時は専従業者のもともとの懐は同じだから、

これに住民税が加算される。

それならば、課税にならない額だけ、経費として

事業主が増えた部分だけかぶってもらったほうが住民税はよいかもしれない。

いずれにしろ、うまいこと、税金を取るように仕組んでいる。

青色申告のメリットは専従業者の給与を経費扱いできるということで、

所得税対策にはもってこいなのと、

帳簿が面倒だけど65万の控除をつけることが出来る。

白色だと専従業者の給与は50万だったかな。

控除はどうだったろう?

青色の最低ライン専従業者一人103万(だったかな?)と65万でここだけで、すでに、

170万ほどの控除がつくようなもんだけど、

白色は60万ほどかな?

100万の差額として払わなきゃいけない所得税は5%の5万円。

これを逆算して仮に専従業者に余計に300万はらったとすると・・。

(大雑把の丼勘定だけど)

住民税は12万くらいか?

事業主がその分減ってるから事業主の住民税が減る。

300万余分に払わなかったら所得税が15万。

で、これにもし事業税がかかると考えると

300万分が15万ほどか?

ところが、青色は本当~~~。丸見え状態で/笑

悪い言い方をするとごまかしようがない。

ごまかしようがない代わりに専従業者の給与を経費としてみなしてくれたり

控除が65万円とおおきいわけだ。

儲けられるなら青色申告。

よほど儲かったら会社にする。

そういえば、昨日、ぶつぶつ言っていた市民税・・。

会社から天引きされたら、源泉徴収額がかわってくるんじゃないかって思ったんだ。

だから、自分で払ってる人はそれを申告できるはずじゃないかって?

仮に20万もらっているところを市民税をひいて、

195000円だったら・・・。ビビたるもんだけど場合によっては

80~100円?まあ200円として2400円少なめにはらっていることになる?

ところが、20万もらっていたら、2400円多めにはらうってことになるだろう。

で確定申告にいってその差額の2400円でてくるわけかい?

住民税を自分で払いました。って、申告する場所(欄)はないわけだ。

なんでこういうことをいうかというと、半月ほどの給与しかでなかったとき

9万とする。

ここから、国民年金を天引きすると約75000円これに課税されない。

と、いうことで、連絡をいれたことがあったわけだ。

だから、市民税もおなじではないかいなあああ?

わかんねえ・・・。


申告会場で

小雨の中、民主商工会の誘導で、申告書をだしにいった。

正直、郵送にしようと思ったが、
「民商出しの扱いになる」
と、釘を刺された。

民商がきちんとチェックを入れていますよ。
と、いう証になる。

通常の確定申告に行ったことは無いけど
個人でだしにいったら、
申告会場で税務官にあれこれ、きかれるんだろう。

目を通された書類ということで、書き落としがないかを確認するくらいですむ。

おまけに、通常の申告会場でなく
税務署の別棟にて、税務官が待機していた。

簡単に記入漏れがないかを確認すると
本人控えにスタンプをおして、ものの1分もかからず、申告書の提出は終わった。

こういう場所であまり大きな声でいえないが、節税対策のノウハウもいろいろ教えてくれる。

複式簿記のつけ方もソフトを使ってのことだけど教えてくれて、きちんとチェックを入れてくれる。

近所の会社にした個人事業主は会計士を頼んでいるという。
一月に1~2度くるのかな?
それで、3万~5万の謝礼をはらっているとかいってた。

民商は会費を払ってるわけだけど、
それが、年間で7万弱。

税理士や会計士を雇うのも一手だと思うけど、自分でまともに会計できないのも面白くなかろう?

民商の特典に融資もあるようだ。
まだ、お世話になる気は無いので
はっきり調べてないけど
一時期、約束手形での売上が多くなって、一種金持ち貧乏の状態になった。

手形を割れば利息を取られる。
まあ、そこは、目をつぶるとしても
信用度合いによって、その利率もかわるという。

それもあえて、目をつぶる。

ところが、事業を始めたばかりの事業所は「信用」が全然ないので、割ってもらうことすら出来ない。

手形割を肩代わりしてくれる会社もあるだろうけど、これも、手形の発行者にもよる。
やはり、知名度?信用度?業績?のない会社からの発行手形は断られる可能性がある。

確かに肩代わりしてくれた会社の銀行の信用は大きいのだろう。
このくらいと聞かされていた手形割の利率をはるかに下回っていた。

とはいうものの、たびたび、手形割ばかりお願いするわけにも行かず、ぎりぎり状態を続けていたときに
民商なら、手形融資もできるよときかされた。
とりあえず、金をかりて、換金/取立てができたら、返す。
金利がかかるけど、手形の取立てまでの期日ぶんなのだから、銀行の利子とそう変わるまい。

今回はなんとかなったけど
銀行が手形割を受けてくれないときにも
民商を利用することが出来る。

手形で思い出したことがひとつあったので・・。

秋口の約束手形を3口にわけてもらっていた。
先が見えない状態だったので
廻し手形にするかもしれないし
某社に頼んで割ってもらうかもしれない。
大きい額でもっていて、全額わってもらったら、利子も大きくなる。

こういう考えで3枚にわけてもらうことにあいたんだけど、無事、取立て期日までもちこせることになったので、銀行に取り立てを依頼しにいった。

取立て手数料は500円もかからなかったが、手形1枚ごとに取る。
考えてみれば当たり前なんだけど、
はあ?そういうことになるんだな・・。

海外からの送金。
これは、請求するときに消費税をかけない。
むこうにすれば、現地でも税金をはらい、日本へも税金をはらうということになるので、税金をかけないんだけど、
こちらに送金されるときに、べらぼうな送金手数料をとられた。

ちょっと、まってくれ・・だよな。

で、申告書を書くときに非課税所得だっけ?
消費税をもらってない状態のうりあげに対して、消費税を払わなきゃならなくなる。

かかなきゃいけないって、一生懸命しらべて?かいた。

民商で申告書のプロトを見せたら
「そこ、書かなくて良い」

なんでやねん!!

今回の売上で消費税を払うか、はらわないか、決まるだけで、
実際に消費税を収めるのは2年後のその時。
その時に仮に1000万以上の売上がなくても逆にもっとあっても消費税をおさめなきゃいけないので、今年は関係ないんだ。

あ、そなの?

だから、某車メーカーはこの部分が
何千億という状態なんだよね。
消費税をとってないんだから、
この部分に課税されちゃこまりますよ。
って、税金を払わずにすんでるわけだ。

じゃあ、憂生のとこも、海外送金がばかほどきたら、税金払わずにすむんだ?

なるほどね・・。
結局、海外へ工場をもったりとか、
こういうのって、むこうの労働力が安いばかりじゃなくて、税金が安いとか?こういうメリットもあるってことか?

レートが低ければ
たとえば、一月の給料が日本円で3万とか?
こういうところになれば、当然、企業が収める税金も安い?

ふ~~む。

新しく・・

ネット用パソコンから独立させるためにもうひとつ、パソコンを入手した。

ところが、中古のため、マイクロソフト関連がすっぽり抜かれていた。

まあ、家にソフトがあったからいいやと、ネットにつながないのだから・・と簡単に考えて

いざ、ソフトを入れてみた。マイクロソフトをインストールしても、そのまま、いけたと記憶していた。ところが・・・。

うけつけるのはうけつけたが、何日かしたら、機能不全をおこす・・と警告されてしまった。

確かに1台に1枚ではあったが・・・。

だよな。だからこそ、元の持ち主がマイクロソフトをぬいてしまうんだよな。

いろいろ、考えた末、ネットパソコンから無料ソフトをダウンロードして、新パソコンにいれることにした。

エクセル、ワードにあたるものばかりでなくほかの機能もついていたが、エクセルのデータから、直接開くと象形文字のごとくわけのわからない文字が並ぶ。

無料ソフトにはいってから、データをひらくとちゃんと表示するんだけど・・・。

互換性があると、かかれてはいたが、ここまで互換性はなかったか。

ワードのほうは、ワードのデータから開いても、ちゃんと表示する。

これは、パソコン自体がワード(文章)で表示するからだろう。

およそ半日かかって、物語他もろもろ移動した。

画像はいずれ、CDに保管するので、まあ、よしとして、

物語を新パソコンにおさめてから、ちょっと、迷った。

今、かいてる分をどうしようか・・・・。

結局、昨日は、新パソコンでかいて、RWCDに落として、CDからこっちにコピーした。

今はまだ、良い。文字数がふえてくると、ワード自体簡単にひらかなくなるのと、ここは、よいが、憂生’s/物語に全文掲載しているわけで、その後にはりつけ方式をとっている。新しくあげなおしてもよいのだけど、インデックスのアドレスをカテゴリーからとったか、おぼえてないので、躊躇しているし、また、いちいち、古いスレッドを消さなきゃいけなくなる。

ここで、直にかこうかまよいつつ・・・、やはり、それをしたら、独立させたいみがなくなると思い、いちいち、CDに入れることにしたが・・・。

まだ、機能として、フロッピーが必要である。ネットパソコンはビジネス用なので、フロッピー装備になっていたが、新パソコンには無い。

外付けをひとつ手に入れる予定であるが、案外、このほうが、簡単に保存が利く。

と、なると、新パソコンでかいても、そうは面倒でないかもしれぬ・・・


青色申告のメリット・・2

いつだったか、青色申告のメリットみたいなことを、かいて・・・。

ややこしいけど、貸借対照表をつける青色申告をすると、

65万の控除があると、かいた。

これが、じつに見事にメリットになった。

ちょいと、小金をかりようということになり、

申請の権利みたいなものをとりよせてきたんだけど、

これ、?00万以上の所得がある人は、ご融資できません。

と、いうことだったので、

この時期だから、当然20年度の所得をいうわけで・・・・。

やばいんじゃないですか?オーナー?

もういちど、20年度の確定申告書をひっぱりだしてきて、

チェックしたわけです。

ぎりぎり?セーフなわけですが・・・。

この所得金額というのが、控除額65万円を引いた上のものなので、

もしも、10万円の控除額だったら、55万円が所得にはいってしまうわけですから、

完璧にアウトだったわけで、

はあ、本当に、無理して、青色申告、65万控除の帳簿に申請して

やってきてよかったと思いました。

まあ、それもこれも、民主商工会製作の簡単なソフトのおかげでなんですが・・・。

いろいろと、*よい簿記とか、*zソフトとか?ためしてみたんですが、

さっぱり、わからない状態だったのです。

民主商工会のものは、金額と日付と振り分け番号(仕入れが***番、交際費が***番)振り分け先(仕入れなら現金か、銀行からかというこれも番号)

それだけを入力したら(番号内も細かく設定できる。八百屋からの仕入れ****番の1.米屋からの仕入れ***番の2って、感じで)

あとは全部、経費帳も元帳も現金出納帳も決算書も、とにかく、

確定申告に必要なデータができあがり、それをみて、書き写すだけ・・・。

だから、相変わらず、ずぶの素人で、通常の帳簿をつけろといわれたら、

頭パニックです。

こういう実に簡単な方法で、青色申告控除65万円を利用できただけでも、

めっけもんだったのに・・・。

ここにいたって、まだ、たすけられた・・・って、とこです。


遺憾な話

やっちまいました。

ちょいと、重いものを片手でもちあげたのと、

連日の冷え込みにたたられたようで、

腰痛、再発です。

仕事の最中にものをもったまま、かるく、体をねじったのが、元で、

腰痛を発症させてしまい、退職のひとつの要因になってしまったんだけど、

最近までは、軽度の腰痛を繰り返して、病院にいって、なんとか治まる。

と、いうパターンだったため、甘くかんがえていたら、ま!!

えらいこっちゃ。

ベッドからおきあがるのに、よっこらせ。

階段は一足ごとおりないと、もしかすると、いわゆる、ぎっくり腰になりかねない。

と、いう不安で階下におりるのも、たいへんである。

たちまちは、サポートベルトで動けるようになっているが、

「にしにし」した痛みがあがってくる。

車にのるのも、あやういので、ここ数日完璧に外の世界にふれていない。

一度、いためてしまうと、なにかの引き金で簡単に発症してしまう。

と、いいつつ、今日の午後、請求書を投函しにいったな。

わずか、100mほどのポストまであるいていくのさえ、ままならぬ。

ひきつってくるような痛みが10mくらいにあがってきて、

ポストまでの遠さよ。

ほんと。

腰痛にようつうい(要注意)だ。

ちょいと、おかしいとおもったら、以後、おとなしくしてないといかんのだな。

まっこと、遺憾ぜよ。

消費税の納税義務の消失とな???

税務署から封書がきていて・・・。


おい?

と、おそるおそる、ひらいてみました。


すると・・・。

消費税を納めなくても良くなった変更届というものでした。


初年度の売り上げが1000万をこして、

3年目の売り上げから、消費税を納税しなきゃいけなくなっていたわけです。

最初の年に消費税をおさまるようになったら、3年目の売り上げから

消費税をおさめなくてはならないというのはきいていて、

3年めと4年目めについては、個人事業を

会社に変えたら消費税はかからなくなるよ。


消費税の納税の延命措置は4年あるということだ。

と、きいていたわけです。

(なにせ、ずぶずぶの素人がはじめてるわけですから・・・)

が、会社にするのは、どうかな?という思いがありました。

この仔細は省きます。

で、3年目の売り上げは1000万こしてなかったのですが、

消費税の計算をして、3月の決算で報告書をだして、

払いました。

そして、まだ、まだ、不況の風にあおられ、

消費税の納税ぶんを捻出するのさえきびしい状況なわけです。

まともに売り上げがないのに、それでも消費税をはらわなければならないのか。

いやいや、国民の義務だ。


自分をなだめるためにも大言壮語。

日記をかいたな。

消費税の納税のありかた、おかしくねえか?

って。

999万9999円以下のうりあげなら、

お客さんからいただいた〈預かった)消費税を着服するということになるんじゃないですか?

もちろん、諸経費分が在るので〈詳しい説明も省く)預かった消費税をそのまま、納税ではなく、

さしひきをしますが・・。

それにしても、

999万9999円ならば、業種によりますが、12~18万?くらいを納税せずにおわっているわけです。

税金をあげるのどうのという前に

なにか、この着服がゆるされるのって、おかしいのではないか?

いくらのうりあげであっても預かった消費税が在る以上は計算してきっちり払うのが本当じゃないのだろうか?

って、ことをかきました。


ところが、今回の通知は

21年度の売り上げが1000万にたっしてないので、経過措置として、

23年分の消費税をはらわなくて良いということなのです。


あれ?

そういう措置があるなんてしらないぞ。


で、正直いいます。

やっぱり、売り上げに対してというのは、厳しい計算法になっていました。

仮に売り上げが1000万としても、

その純利部分が違うということです。

ある年はプログラムの仕事が多く純利が80%だとします。

ところが、ある年は仕入れがかさむ仕事が多く純利が30%だとします。


800万の純利があっても300万の純利があっても

消費税を預かってる部分がかわらないので、

たとえば15万はらうわけです。

800万の純利を計算しますと一月70万近い額ですが、

300万の場合は25万ほど?

そして、まだ、諸経費がひかれていきます。

電気代や事務所の維持費とか・・電話代・・ガソリン代・・エトセトラ。

この部分はほぼ同じですから、

仮に200万とします。


800万ー200万

300万ー200万


600マンから15万をはらうのは、できますが、

100万から15万をはらえば、

一月8万?

という計算です。


年収が600万あっても100万であっても

15万ですかい?


こういう意味合いで、厳しい状況があるわけです。

確かに計算上、1000万あれば、50万近くの消費税がはいっているわけです。

ところが、それさえくいつぶす不況。

こんなんでも、国民の義務ではらうのか・・と

下手に売り上げが伸びるのも厳しいもんだと眺める、変な状態になっていたわけです。



ところが、そこに通知。

国民の義務をおわなくても良い・・。

う~~ん。

複雑でありながら、正直、助かったとおもいました。

一辺に10万以上の金がぬけたら、痛い帳簿になっているわけですから、

分割はできないのかとききましたね(恥?)

すると、100万だったかな?50まんだったかな?

で、ないと分割納税はできない。

へへ~~~~~。

おみそれしやした。

無いものはどんどん追い込まれる仕組みになってるわけです。

個人事業主になると国民保険になり、国民年金をはらうわけですが、

この金額も会社勤めのように半分負担というわけにはいかず、

任意の社会保険(継続2年まで)では、2、5万ほどだったものが月割りにすると

4万近く払うことになり、国民年金にかわるのはいいわけですが、

いざ、年金をもらう段になれば、国民年金は額が低い。

厚生年金をもらったほうがいいわけです。

今だと9万くらいですかね?

厚生年金の人は、14万~25万とか?

きいたきがしますが・・。

上に良い会社なら退職金もあり、老後を考えれば

会社勤めのほうがよいわけです。

個人事業主というのは、まあ、考えてみれば親父もそうでしたし、

憂生もそうなってもしかたがないところがあるなとおもうのですが、

親父の年齢(憂生は親父が50の時のこどもです)をかんがえたら、

あの年で帳簿をやり、税務署にいきとやっていたのですから、

ずぶずぶの素人でも出来ぬはずがないと親父にみせられてますから、

やっていくしかないし、

出来るはずだとおもっていますが、


なにせ、この不況。

しばし、立ち直りの風がふきはじめてきた見積もり書などの発注があいつぎ、

ぽつぽつと大きめの仕事がはいってきてますが、

初年度のような、どでかい仕事はまだ、みあわせてる企業がおおいようです。

復帰

やっとこ、パソコンを導入しました。

仕事用のパソコンをウィンドウズ7(XPとの互換性も考慮しまして・・・)

に、変えようとパソコン専門ショップにいって、まず、USEDを物色して、

速攻、買いこんで、つないでみたものの、うんともすんともいわない。

結局、返品して、2週間近く、あちこちまわって、検討したあげく、

ネットでおとしました。

オフィスをインストールして、・・・。

あ~た、オフィス2010は、OUTLOOKフォルダがドキュメントフォルダに格納されたんですね。

いままでは、隠しプログラムであるため、プログラム検索でデーターをさがしていたというのに、その必要がなく、ふるいパソコンから、データだけをとりだして、OUTOLOOKフォルダに移動させるだけで、今までのメールや、メールフォルダの設定ごとすべて、移行してくれる。

お気に入りもコピーして、移行。ドキュメントや画像は外付けHDにほかんしていたので、そのまま差込をかえるだけ。

さあ、これでよし。

確認のため、2台同時にならべていたものを、はずして、入れ替え完了。

があああああああああ。

ネットにつながらない。

なんで?

同時にならべていたときは、つながっていたのに・・。

仕方がないので、手動でネットワーク接続をするものの、はねつけられる。

さては?

と、プロバイダーの接続CDをいれてみるものの、ウィンドウズ7までのサポートがなく、ヴィスタの初期のものと認識され、SPのないものは、だめですとはねつける。

モデムの電源を落とすという対処方法もためしたが、だめ。

結局、プロバイダーに電話をいれて、設定数値をつげることになり、

結果、無線ランが認識されているとのこと。

??????。です。

確かにルーターに無線ランを利用していたが、電波が2階までとどきにくく、不安定になるため、ケーブル配線にきりかえていた。

無線設定してないし・・・。

と、いうものの、ためしに無線ランルーターをきり、モデムから、直にいれてくれという指示にしたがったところ・・・・・

はいりましたがな~~~~~~~。

やれやれ。

と、いうことで、やっと、ヴィスタを二階にもちこみ、メールアカウントをとりなおしてみれば、

あほほど、迷惑メールがはいりこんでいました。

迷惑メールフォルダにふりわけるようにしていたので、650近くがフォルダのなか。

後の50強が、受信フォルダにはいっていましたので、削除しました。

が、設定してあって、即、迷惑フォルダに振り分けられるとわかっているせいもあり、

いろいろ、アドレスをかえてくるのですが、

友人関連しかしらないわけですから、友人関連以外のプロバイダー(携帯を含む)ごと、拒否設定してますから、650近くの処理はしてくれたという事になります。

本体はヴィスタですが、デイスプレイは、NEC・・・(MITUBISHIもある・・・/たぶん、XP用に利用していたはず)キーボードはミレニアムのものが、使いなれているので、そのまま、と、まあ、ぼろぼろ状態のセッテイングです。

おまけに、本体は予定では縦置きだったのですが、よくよくみれば、横置き専用(縦置き厳禁表示あり)

これは、困った。

設置場所におけない。

苦肉の策で本体の上にキーボードをおくという曲芸で対処することになり、

今日はまずはと、使い勝手を試しつつ、投稿です。

が、キーボードです。

相変わらずの一本うち打法のため、キーボードの凸と凸の間隔が8mm?くらい離れているので、非常に楽なのですが、長年の使用により、文字が、消え始めてるものがあります。

ブラインドタッチができないので、(一本うち打法ではむりでしょうな)文字が消えてしまったら、さっぱりわからなくなるでしょう。

早いうちに対処とおもうものの、方法を思いつきません。

マジックでかいても、すぐきえてしまうでしょうし、シールを貼ってもすぐはげるだろうし、

それこそ、焼きいれ(彫り込み?)でもしようかともおもったり/笑

が、そこまでしても、そのうち、接触がわるくなっていくのは、計算してもわかります。

2000年仕様のキーボードはそれでも、堅牢につくっています。

ヴィスタのときのそろいのキーボードは「N」あたりが、こわれて、うてなくなってしまったのですが、このキーボードはかなりの使用に耐えています。

物語や日記や、メールにと、半端ない使用量に耐えたと考えると、やはり、てばなしにくいキーボードではあるのです。


続きを読む

 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5757位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2080位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク